「AI Messenger Chatbot」、サイバネットシステムの「CYBERNET CAEサポートセンター」に導入

AI対話カンパニーとして対話のDXを推進するAI Shiftは12日、チャットボット「AI Messenger Chatbot」が、サイバネットシステムが提供する「CYBERNET CAEサポートセンター」に導入されたと発表した。

サイバネットでは、マルチフィジックス解析ツールをはじめとしたCAEソフトウェアを提供しており、ユーザー向けのサポートサービスとして「CYBERNET CAE サポートセンター」を設置している。「CYBERNET CAE サポートセンター」には、年間1万3000件を超える個別相談が寄せられており、サポート体制の整備および応対内容の最適化が検討されていた。

このような背景から、今回「AI Messenger Chatbot」を導入することで、問い合わせ内容に応じた一次応対の効率化を図ったという。

本チャットボットにより、システム導入初期に多く寄せられる質問に関しては、分かりやすい導線でユーザーの自己解決を促すことで、解決までの時間を短縮し、CAEのスムーズな早期立ち上げを実現。さらに、チャットボットでは解決が難しい複雑な質問に関しては、技術スタッフに直接問い合わせすることが可能であるため、別途問い合わせする必要なく過去のチャット履歴を参照しながら解決まで導くことが可能。

このように全てをオペレーターで対応するのではなく、簡単な質問の自動化やユーザーの状況ヒアリングにチャットボットを活用することで、FAQから回答を探し出す手間や待ち時間の短縮に繋がり、ユーザーの利便性や満足度向上にも寄与するという。

また、独自の運用サポート機能『AI Compass』を活用することで、経験豊富な技術スタッフが自らFAQのアクセス解析やチューニングを行えることで回答精度の向上を実現する。

「AI Messenger Chatbot」は、独自AIエンジンを搭載したAIチャットボット。チャットボットの初期構築から運用分析までフルサポートで負担なく導入できるほか、独自の運用サポート機能『AI Compass』により短時間で的確なチューニングが可能。また、有人チャットツールの提供や、保有する沖縄チャットセンターによる有人対応までワンストップでの対応も実現する。

関連URL

AI Shift

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る