お悩み相談AIチャットボット スナックママ「よしこ」累計11万件の悩み相談突破

空色が開発するWeb接客ツール「WhatYa」は、青山商事と共同開発した、いつでもどこでも気軽に悩みを打ち明けられる場として、日本初のお悩み相談 AI チャットボットスナックママ「よしこ」の累計相談件数が 11 万件を突破したと発表した。

また、AI の学習により回答できる質問がさらに増えたほか「洋服の青山」の店舗や公式オンラインストアで使えるクーポンの提供も開始した。

2021年7月、青山商事とWeb接客ツール「WhatYa」(ワチャ)の共同開発により、AI チャットボット スナックママ「よしこ」は、仕事で悩みを抱えるビジネスパーソンをサポートするため誕生した。

顧客との関係性を強化するため、顧客の抱える悩みの解決につながる糸口になれればとの想いで取り組んできたた。

これまでよしこママに寄せられた11万件以上の悩みを世代別に分類したところ、10~30 代では「出会いが少ない」「人間関係がうまくいか ない」「孤独を感じる」などコロナ禍ならではのコミュニケーション不足の悩みがランクインした。また、全世代を通して「今後のキャリアに対する不安」や「収入に対する不安」が上位に入り、働く上での漠然とした不安を抱えていることもわかった。

よしこママは、青山商事のターゲット層であるビジネスパーソンの心の声(インサイト)を11万件収集するデータプラットフォームへと進化した。

よしこママは、これまで寄せられた悩みや相談のなかで特に多かったジャンルをAI学習し顧客のニーズに、より応えられるよう日々成長を遂げている。

今回のアップデート内容の一部では、特に全世代を通して多かった「今後のキャリアに対する不安」や「収入に対する不安」を受け「仕事」や「お金」にまつわる回答範囲を広げた。

よしこママが次に解決すべき悩みを顧客のインサイトから直接、AI学習することにより進化の好循環が生まれているという。

関連URL

AI チャットボット スナックママ「よしこ」
空色

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-19

    人機一体、直感的な操作システム搭載人型重機が JR西日本の鉄道設備メンテナンスに導入

    人機一体は17日、同社のロボット工学技術が搭載された初めての製品となる「多機能鉄道重機」が、7 月か…
  2. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  3. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  4. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  5. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る