AI inside、AIエージェント「Heylix」を提供開始

AIプラットフォームを提供するAI insideは2日、AIエージェント「Heylix(ヘイリックス)」を招待制のクローズドβ版にて提供開始すると発表した。

ユーザーが「Heylix」に指示を出すだけで、「Heylix」が生成AI・予測AI・画像認識AIなどのテクノロジーを掛け合わせて、ユーザーのあらゆるタスクを自律的に支援する。

「Heylix」は、業界・業種を問わずあらゆる業務を汎用的に支援するAIエージェント。ユーザーは「Heylix」に指示を出すだけで、「Heylix」がマルチモーダルかつ自律的にタスクをこなしてくれる“Buddy(バディ)”を生成する。ユーザーは“Buddy”の支援により、高度なDXを実現することができる。

<主な特徴>
1.誰でも簡単に操作できるUI/UX
ユーザーの作業は、テキスト、画像、数値などさまざまな形式のデータをそのままアップロードしテキストで指示を出すのみ。ユーザーの指示に応じて、AIエージェント「Heylix」が自律的に生成AI・予測AI・画像認識AIなどの最先端テクノロジーを掛け合わせ高付加価値なマルチモーダルAIを生成する。

2.“Buddy”のユーザー間シェア
AIエージェント「Heylix」が生成したマルチモーダルAIは、ユーザーの業務を支援する相棒のような性質を持つことから“Buddy”と呼び、その“Buddy”を作成・共有してくれるユーザーを“Buddyアーキテクト”と呼ぶ。生成された“Buddy”はユーザー間でシェアすることができるため、ネットワーク効果が働き、“Buddy”の数が増えるほどにユーザーが享受できる恩恵も高まる。

3.外部システムとの連携
「Heylix」から外部システムのAPIを自然言語で呼び出すことが可能。APIが公開されているあらゆるソフトウェアを「Heylix」のユーザインターフェースで利用できる。さらに、それらソフトウェアの機能をバックグラウンドで生成AI・予測AI・画像認識AIと複合処理させた、より高度な“Buddy”を生成することも可能。また、作成した“Buddy”を外部システムに組み込んで利用することもできる。

<サービス概要>
・提供開始日:2023年8月3日(クローズドβ版)
・課金体系:従量課金
・価格:1000トークンあたり10円

問い合わせ

関連URL

AI inside

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る