コグラフ、オフィスの電話AI自動応答システム『Mayai』無償提供を開始

業務用電話プラットフォーム「セールスアイドル(Salesidol)」を展開するコグラフは20日、新型コロナウイルスの感染・拡大防止を契機に広がるリモートワークの支援を目的に、オフィスの固定電話への自動応答を行う新サービス『マヤイ(Mayai)』を開発したと発表した。サービスリリースに伴い、リモートワークを推進する企業を対象に無償でサービスを提供する。

『マヤイ』は、オフィスにかかってきた外線電話への一次対応をAIが代行するサービス。電話窓口担当者の代わりに顧客の用件を聞き、名前や電話番号の情報が入った録音データを担当者へ自動転送する。

録音内容はリモート操作ですぐに再生でき、その内容に応じて別担当者への取り次ぎや、電話の折り返しなどの必要な対応を行うことで、リモートワーク環境下でも効率的に業務を進めることができる。

また、『マヤイ』はクラウド上にシステムを構築しているため、インターネット環境のみですぐにスタートできるのも特長。導入したその日から、会社の電話業務の全てを自宅で対応できるようになるという。

今回、新型コロナウイルスの感染予防策として、リモートワークを実施する企業向けにマヤイ シンプル・エディション(企業版)の月額基本料金、および専用050電話番号の利用料を、2020年7月末まで無償で提供することを決定した。

関連URL

申込フォーム
コグラフ

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-8-11

    Society5.0のキーワード①「RPA」「DX」「5G」

    Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…

注目記事

  1. 2020-9-29

    医療教育オペクラウドVRが東京都スタートアップ実証実験促進事業に採択

    ジョリーグッドは29日、自社で展開している医療教育プラットフォーム「オペクラウドVR」の実証事業が、…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る