ROBOT PAYMENT、FleekdriveがSaaSモデルに適した「請求管理ロボ」を導入

請求業務の大幅な削減、毎月の請求・集金・消込・催促の自動化を実現するクラウドサービス「請求管理ロボ」を提供するROBOT PAYMENTは27日、Fleekdriveが、「請求管理ロボ」を導入したと発表した。

「請求管理ロボ」は、毎月手作業で行っていた請求や入金管理といった一連の請求業務プロセスを全て自動化し、請求業務作業を大幅な削減を実現するクラウドサービス。請求書の自動発行や自動送付をはじめ、クレジットカード決済・口座振替・銀行振込といった多彩な決済手段を活用した代金回収を行うことが可能で、さらには発行した請求書と入金情報の照合である消込作業の自動化までを実現している。またSFA/CRMや会計ソフトとのデータ連携を強みとしている。

Fleekdriveはファイル共有サービス「Fleekdrive」、及び帳票サービス「Fleekform」というSaaS(クラウドサービス)を提供する会社。分社化によって発生した請求業務において、毎月の請求件数が増加していくストック型のSaaS(クラウドサービス)モデルに適した請求業務の運用を模索し、毎月の継続請求に強くSalesforceへの連携が実現可能な「請求管理ロボ for Saleforce」を採用した。

関連URL

「請求管理ロボ for Salefoce」
「請求管理ロボ」
ROBOT PAYMENT

関連記事

注目記事

  1. 2020-7-12

    Kenneth Research、「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会展望2024年」発刊

    Kenneth Researchは10日、調査レポート「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会…

ピックアップ記事

  1. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近のコメント

    ページ上部へ戻る