分身ロボット「OriHime」、神奈川県の新型コロナ患者の宿泊療養施設2箇所に導入

オリィ研究所は13日、神奈川県の依頼を受けて遠隔操作型の分身ロボット「OriHime」を、神奈川県の新型コロナウイルス陽性患者の宿泊療養施設2箇所に導入したと発表した。

OriHimeが導入されたのは、神奈川県内の新型コロナウイルス陽性患者のうち、軽症者等を受け入れ療養を行なっているアパホテル&リゾート横浜ベイタワーと湘南国際村センター。

同施設では感染防止のため入所者とスタッフが接触しないようゾーニングされており、OriHimeを新型コロナウイルス陽性判定を受けた入所者が滞在している区画に設置し、感染を防ぎつつスタッフが入所者の表情や様子を伺いながらコミュニケーションをとり、ケアを行う目的で使用している。

OriHimeは、PCやスマートフォン・タブレットから操作ができ、操作者が遠隔操作をすることで会話をしたり、顔を動かしたりジェスチャーをするなど、実際にその場にいるようなコミュニケーションがとれることが特徴の分身ロボット。

神奈川県では、未知の病気への不安を感じている入所者のケアを行う際にその表情や様子を伺いながらコミュニケーションを行うことを重要視しており、また入所者がスタッフに相談をする際の心理的ハードルを下げ、気軽に相談ができるようになることを期待してOriHimeの導入を決めたという。

オリィ研究所は今後も神奈川県と連携し、OriHimeの活用による新型コロナウイルスの感染拡大防止、ならびに入所者の心理的ストレスの軽減に協力していくという。

関連URL

法人向けサイト
オリィ研究所

関連記事

注目記事

  1. 2020-7-12

    Kenneth Research、「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会展望2024年」発刊

    Kenneth Researchは10日、調査レポート「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会…

ピックアップ記事

  1. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近のコメント

    ページ上部へ戻る