ヴイストン、コミュニケーションロボット「Sota」のアウトレット版を発売

ヴイストンは13日、販売中のSotaデベロッパー 版およびプレゼンSotaについて、格安価格で購入可能な「アウトレット版」を、それぞれ数量限定で販売すると発表した。

ヴイストンでは、開発者向け機体である「Sotaデベロッパー版」と、Microsoft Office PowerPointと連動したプレゼンテーションが実行可能な「プレゼンSota」を販売している。このたび、生産上の在庫組み替え等で生じた余剰機体を、「アウトレット版」としてそれぞれ販売することにした。

アウトレット版のSota機体については、新品・未使用の状態であるほか、通常機体と機能上の差異はない。また、Sotaの動作に必要不可欠な音声認識・音声合成クラウドサービスである「Sotaクラウド」および 「プレゼンSotaクラウド」についても、通常版と同様に1年間ライセンスが付属する。なお、アウトレット版は数量に限りがあるため、予定台数に達し次第販売を終了し、以降は通常版のみの販売となる。

アウトレット版Sota

■Sotaデベロッパー版 アウトレット :9万円(税別)
Sotaデベロッパー版 アウトレット機体 ×1
音声認識・音声合成サービス「Sotaクラウド」 1年間ライセンス (搭載マイクは通常版のみ)
■プレゼンSota アウトレット :7万8000円(税別)
プレゼンSota アウトレット機体 ×1
音声合成サービス「プレゼンSotaクラウド」 1年間ライセンス

関連URL

Sota法人向けサービス
ヴイストン ロボットショップ
ヴイストン

関連記事

注目記事

  1. 2020-7-12

    Kenneth Research、「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会展望2024年」発刊

    Kenneth Researchは10日、調査レポート「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会…

ピックアップ記事

  1. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近のコメント

    ページ上部へ戻る