Miletos、AIによる自動入金消込「STREAM」を提供開始

Miletosは2日、AIによる自動入金消込「STREAM AI ARM(ストリーム エーアイ アーム)」の提供を開始した。

「STREAM」は、経理担当者が経験から判断していたような複雑な入金消込を、AIが正確かつ迅速に担うもの。数名~数十名の経理担当者が何日もかけて行っていた入金消込業務について、遅くともその日のうちに業務を完了させることが可能。その結果、滞留債権を速やかに発見でき、当該月に資金回収できる確立を高め、キャッシュフローを安定させる。

コロナ禍において手元資金を潤沢に保有しておくことは倒産リスクを下げることにも繋がる。また与信管理や請求条件の見直しなど、貸倒リスク軽減にも寄与するという。

入金消込業務は、決算と予算策定の都合上、月末月初に大量に発生するため、残業や休日出勤などで対応している担当者も少なくない。得先毎に消込のコツが属人化しており、休みが取りにくいという現状もある。「経理部は業務の都合上、残業は仕方ない」と諦められてきた経理部だが、大きな工数を割いている入金消込業務をAIが担うことで、働き方改革を推進させることが可能になるという。

関連URL

「STREAM」プロダクトサイト
Miletos

関連記事

注目記事

  1. 2021-4-16

    Bodygram、AI採寸テクノロジーが健康増進アプリ「QOLism(キュオリズム)」に採用

    Bodygram Japan(ボディグラム・ジャパン)は16日、QOLeadが提供する健康増進アプリ…
  2. 2021-4-15

    アイ・ロボティクス、ドローンによる夜間の捜索支援サービス「NIGHT HAWKS」参画

    アイ・ロボティクスは15日、Japan Innovation Challengeが開始するドローンに…
  3. 2021-4-14

    DFA、配送ロボット「YAPE」がストックホルムで公道での自律配送テストを開始

    DroneFutureAviation(DFA)は14日、同社がが独占取扱権を有する自律配送ロボット…
  4. 2021-4-13

    インテージ、独自技術でAIがテキスト情報を定量化する「文意知」リリース

    インテージテクノスフィアは13日、AIを用いてテキスト情報を定量化(可視化)する技術を開発し、この技…
  5. 2021-4-9

    AOSデータ、日本最大/最高レベルのメディアサイトを目指しDXポータル「iDX」を開始

    クラウドデータ、システムデータ、リーガルデータ、AIデータなどのデータアセットマネジメント事業を展開…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る