Rosso、AVILENと共同制作した「AIエンジニア向けのインフラ基礎講座」8月開始

Rosso(ロッソ)と、AVILEN(アヴィレン)は22日、両社が共同制作した「AIエンジニア向けのインフラ基礎講座」を8月から提供開始すると発表した。申し込みは7月から受付開始する。

今、AI事業の現場ではシステム開発にとどまらず、AIプロジェクトの運用までリードできる人材へのニーズが高まっている。AI開発においては、学習モデルの開発以外にも、データの前処理やシステム実装がプロセスの大半を占めるが、その前後処理を担当出来るエンジニアが不足している。

例えば、AIの導入や運用をAWS(Amazon Web Service)で行うとした場合、Amazon SageMakerというサービスを利用することで、機械学習モデルの開発や訓練、さらにはデプロイメントまで、一つのプラットフォームで管理・効率化する事が可能になる。

このような知識を持ち合わせたAIエンジニアの存在が、AIを「実務に導入する」上で必要とされているが、まだまだ少ないのが現状だという。

このような背景を受け、最新のAI&インフラ技術で様々なシステムソリューションを提供しているRossoが、AVILENと共同し、AIエンジニア向けの「インフラ基礎講座」を制作することになった。

講座概要

講座の名称:インフラ基礎講座
提供開始日:2020年8月(7月より受付開始)
対象者:AIの基礎スキルを身につけ、簡単なモデルの開発経験があるエンジニア
(上記のスキル・経験がない人も、AVILEN社の別講座を受講すると身につけることが可能)
■講座の特徴
・AVILENのAIエンジニア育成講座である「データサイエンティストマスターコース」の講座として提供される。
・AIエンジニアがインフラを学ぶ意義や、実際にAIサービスを運用する際に必要となる知識を習得できる。
・APNアドバンスドコンサルティングパートナー企業であるRossoが監修。

関連URL

インフラ基礎講座
AVILEN
Rosso

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  2. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  3. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  4. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…
  5. 2024-5-17

    ホープリヴス、生成AIでモデル撮影の時間とコストを大幅削減「アイファモ」をリリース

    ホープリヴスは14日、サービス展開しているAIキャスティで、アパレル業界の撮影プロセスを根本から変革…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る