「ゴミ自動収集ボックス」付きロボット掃除機「Neabot」の先行予約販売を開始

ハンズエイド イノベ部は、13日からMAKUAKEで、ゴミを紙パックに自動排出してくれる「ゴミ自動収集ボックス(充電ステーション)」付きロボット掃除機「Neabot」の先行予約販売を開始した。

KICKSTARTERではすでにクラウドファンディングが成功しており、日本での発売リクエストが大きかったことを受け、イノベ部が日本で先行予約販売を実施することとなった。メーカー希望小売価格は、7万4800円(税込)。MAKUAKEでは早期予約割引として最大25%OFFのコースを用意し、製品は2020年12月に発送予定。

多くのロボット掃除機のダスト容器は小さいサイズのため、ゴミの収集頻度が高く、ダスト容器からゴミ袋に移すさいホコリが散ったり、手が汚れてしまう。 Neabotがあれば今まで週1~2回のゴミ捨てが1~2カ月に1回でOKだという。

関連URL

クラウドファンディングサイト(先行予約)
ハンズエイド

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  2. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  3. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  4. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…
  5. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る