「ゴミ自動収集ボックス」付きロボット掃除機「Neabot」の先行予約販売を開始

ハンズエイド イノベ部は、13日からMAKUAKEで、ゴミを紙パックに自動排出してくれる「ゴミ自動収集ボックス(充電ステーション)」付きロボット掃除機「Neabot」の先行予約販売を開始した。

KICKSTARTERではすでにクラウドファンディングが成功しており、日本での発売リクエストが大きかったことを受け、イノベ部が日本で先行予約販売を実施することとなった。メーカー希望小売価格は、7万4800円(税込)。MAKUAKEでは早期予約割引として最大25%OFFのコースを用意し、製品は2020年12月に発送予定。

多くのロボット掃除機のダスト容器は小さいサイズのため、ゴミの収集頻度が高く、ダスト容器からゴミ袋に移すさいホコリが散ったり、手が汚れてしまう。 Neabotがあれば今まで週1~2回のゴミ捨てが1~2カ月に1回でOKだという。

関連URL

クラウドファンディングサイト(先行予約)
ハンズエイド

関連記事

注目記事

  1. 2024-3-1

    鹿島、画像AIを用いて技能者の人数と作業時間を自動で把握するシステムを開発

    鹿島は2月29日、画像AIと独自の解析アルゴリズムを用いて、指定した作業エリア内における技能者の人数…
  2. 2024-3-1

    ユニフィニティー、AIおまかせ設定でモバイルアプリを自動生成する新機能を無料提供

    ユニフィニティーは2月29日、ノーコード・業務用モバイルアプリ作成の無料ツール「Unifinity …
  3. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  4. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  5. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る