AI姿勢分析システム「シセイカルテ」、「カ・ラ・ダ ファクトリー」直営全店へ導入

PKSHA Technologyの子会社で、3D関連のアルゴリズムに強みを持つ東京大学発技術系スタートアップであるSapeetは8日、自社で開発・運営するAI姿勢分析システム「シセイカルテ」が、整体×骨盤サロン「カ・ラ・ダ ファクトリー」直営全店へ2月から順次導入されることが決定したと発表した。

カラダファクトリーは、ファクトリージャパングループが全国展開する、大手整体サロン。

Sapeetは、様々な企業の課題をAIや3Dアルゴリズムを始めとした最先端技術を用いて解決する、東京大学発の技術系スタートアップ。昨今コロナ禍でヘルスケア業界に注目が集まる中、「お客様が体感ベースでしか施術の効果を実感できない」「来店された時は直接ケアできるが、ホームケアのモチベーションを高めることが難しい」といった業界特有の課題をSapeetの技術で解決できるのではと考えたという。その結果、2020年1月にAI姿勢分析システム「シセイカルテ」をリリースした。

ファクトリージャパングループは、2021年4月に創業20周年を迎えるにあたり、「寄り添うトータルヘルスケア」をテーマに掲げ、「デジタルヘルスケア領域の拡大」「過去最大の新規出店と正社員新卒採用」「ホームケアプログラムの拡充」に取り組んでいる。今回、デジタルヘルスケア領域拡大のために身体に関するデータ蓄積・分析をスタートするにあたり、Sapeetをパートナーとして選び、まずは「シセイカルテ」をカラダファクトリー店舗に順次導入することにした。

「シセイカルテ」は、タブレット1台で簡単に、2、3分で姿勢分析をすることができるシステム。写真を数枚撮影するだけで分析できるので、顧客への負担も少なく、かつ専門知識の少ない顧客にも分かりやすい分析結果が出ることが特徴。

今回、Sapeetが多種多様なアルゴリズムソリューションを社会に実装してきた実績を持つPKSHAグループの一員である点や、理学療法士が複数名在籍・監修し、現場に即したアップデートを随時行っている点が評価されたという。直近の大幅アップデートでは、昨年11月に猫背度合いや骨盤の傾斜等も測定することができるようになり、導入各社に好評だという。

「シセイカルテ」をカラダファクトリーに導入することで、顧客のコンディションを的確に把握し、「施術を科学していく」ためのデータを取得・蓄積・活用することが可能になるという。

関連URL

カラダファクトリー

シセイカルテ

Sapeet

関連記事

注目記事

  1. 2022-1-28

    NTTドコモ、AI ゴルフレッスンアプリ「GOLFAI」に小祝さくら選手のレッスン登場

    NTTドコモは28日から、同社が提供するAI ゴルフレッスンアプリ「GOLFAI(ゴルファイ)」iO…
  2. 2022-1-28

    アジラ、行動認識AIエンジン「Asilla SDK」アップデート

    防犯セキュリティ向けに映像解析サービスを提供するアジラは28日、同社が提供する行動認識AIエンジン「…
  3. 2022-1-27

    芝浦工大、AIによる高精度な通信量予測で基地局の電力を再生可能エネルギーへ代替可能に

    芝浦工業大学は27日、工学部情報工学科の新熊亮一教授が、携帯電話基地局の通信量を精度高く予測し、それ…
  4. 2022-1-26

    エクサウィザーズ、AI写真サービス「とりんく」2022年4月リリース

    AIを利活用したサービスによる社会課題解決に取り組むエクサウィザーズは26日、画像認識AIを活用した…
  5. 2022-1-25

    パナソニック、三菱地所とロボットを活用した次世代型まちづくりを推進

    パナソニックは25日、少子高齢化における労働力不足の解決、街づくり・都市開発で効率的なロボット運用の…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る