富士通、新型コロナウイルス肺炎の診断を支援するAI技術の共同研究開発を開始

富士通と東京品川病院は2日、新型コロナウイルス肺炎の診断に有効とされる胸部CT(Computed Tomography:コンピューター断層撮影)検査による画像診断の支援を行うAI技術の共同研究開発を開始すると発表した。

本技術は、新型コロナウイルス肺炎が疑われる患者の胸部CT画像に対して、AIが肺の陰影の広がりなどを数値化および3次元で可視化し、さらに感染の可能性を提示することで、医師の画像診断を支援する。これにより、患者一人当たり数百枚にもおよぶ胸部CT画像を目視で確認し、新型コロナウイルス肺炎か否かを診断する医師の大幅な負担軽減を目指すという。

また、問診では新型コロナウイルス感染の可能性が低いと判断された場合でも、胸部CT画像所見から、新型コロナウイルス肺炎を見つけ出し、早期発見につながることが期待できる。

両者は本研究を通して、新型コロナウイルス肺炎に対するAI画像診断支援技術を高め、富士通はヘルスケアソリューションとしての本技術のサービス化を目指すという。

両者は今後、本共同研究開発を通じて、新型コロナウイルス肺炎の診断に活用される様々な情報を利用できる技術を確立することで、AIによる胸部CT画像診断から新型コロナウイルス肺炎の画像診断支援技術の向上を目指す。

富士通は、ヘルスケアソリューションとして本技術のサービス化を検討し、また電子カルテ情報とも連携させることで、胸部CT画像をもとにした医師の診断支援だけでなく、本技術の活用領域拡大を目指していく。

東京品川病院は、院内で実施している様々な研究との融合を目指し、新型コロナウイルス肺炎の診断治療に役立て、さらなる社会貢献を目指すとしている。

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-8-11

    Society5.0のキーワード①「RPA」「DX」「5G」

    Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…

注目記事

  1. 2020-9-26

    RPAとAIの祭典「NTTDATA WinActorラウンジ2020」10月9日開催

    「WinActorラウンジ」は、これまでWinActorユーザーのみに限定開催され、例年2000名以…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る