CAC、AIでWeb会議を円滑化する「心sensor for Communication」を提供開始

シーエーシー(CAC)は22日、カメラで撮影した画像から会議参加者の反応や感情を画像認識AIで読み取って可視化することにより、Web会議でのコミュニケーションを円滑化する「心sensor for Communication」を開発し、提供開始すると発表した。

「心sensor for Communication」は、Web会議に参加しているユーザーの反応や感情、ジェスチャーを画像認識AIで読み取り、カメラ映像を加工する形でWeb 会議画面上に表示します。そのため、発言していない、あるいはマイクをOFF にしている参加者についても感情や反応を把握できる。

実際の顔の映像だけではなくアバター表示も可能なため、カメラをON にするのに抵抗感がある場合でもWeb会議に参加しやすくなると考えられるという。アバター表示を選ぶと、画像認識AIにより読み取ったユーザーの反応等はアバターの表情や背景色に反映される。またAIが認識した各ユーザーの結果はサーバー上で集計され、その結果はアプリ内のビューアー画面に表示される。Web会議画面に各参加者が表示されていなくても、ビューアー画面を確認することで、会議参加者全体の雰囲気や傾向をビジュアル化して把握・分析できる。

「心sensor for Communication」は、オンラインコミュニケーションにおける参加者の反応を可視化できるため、Web 会議にとどまらず、授業やライブ鑑賞、スポーツ観戦等、様々な分野のオンライン配信で活用が可能。当面は企業向けに展開し、将来的には広く個人ユーザーへの展開も視野に入れているという。

関連URL

「心sensor for Communication」
Affectiva日本公式サイト
CAC

関連記事

注目記事

  1. 2022-7-26

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…
  2. 2022-7-19

    CAC、準天頂衛星システム「みちびき」とブロックチェーンで配達員保険システムの実証実験

    社会や産業のデジタルイノベーションに取り組むシーエーシー(CAC)は19日、準天頂衛星システム「みち…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る