「AIsmiley」、注目10社が答える来年の最新トレンド雑誌「画像認識AI最前線」無料配布

人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは23日、年末年始スペシャルコンテンツとして画像認識の分野で注目を集めるAI企業10社のインタビューを取りまとめた雑誌「画像認識AI最前線」を公開した。

最前線で活躍するAI企業が画像認識の分野で「2020年に取り組んだすごいこと」と「2021年の目標・ビジョン」を語る。

画像認識AIとは人々が普段「目」で見て、それが何なのかを判断してるように、カメラなどを用い、AIが画像や映像の特徴を抽出、認識するという技術。

自動車の自動走行システムや監視カメラの異常検知、製造現場の検品作業など、画像認識の技術は多くの企業で導入・検証が進んでおり、AI・人工知能が人々の代わりとなって働く未来がすぐそこまで来ている。

最近のAI・人工知能の技術革新の中でも、画像認識AIの技術の向上はディープラーニングによって飛躍的な発展を遂げている。その画像認識の精度は、すでに正答率や認識率においてAIが人間を超えるほどの高精度を実現しているという。

2020年は「三密」というキーワードが流行語大賞に選ばれるなど、新型コロナウイルスの蔓延とは切っても切り離せない年だった。

そんな中、人々の身近なところでも、画像認識AI技術が使われていた。店舗の入り口にあるサイネージに自身の映ったカメラ映像と体温が表示される「非接触検温」も画像認識AIが使われている代表例の一つ。

またスマートフォンのアプリケーションで、人の眼や鼻、口の位置を認識し、写真を補正してくれる機能などにも用いられている。

今回は2020年に画像認識AIの最前線で開発に携わった「注目10社」に、今年の代表的な取り組みと画像認識AIの今後について聞いたもの。今後の画像認識AI導入に向け活用して欲しいという。

関連URL

問い合わせフォーム 
アイスマイリー 

関連記事

注目記事

  1. 2021-9-22

    宇宙ミュージアムTeNQ、AI案内ロボット展示物解説サービス開始に向け試験導入

    東京ドームシティの黄色いビルにある宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)では、サービスロボットのロー…
  2. 2021-9-21

    XNOVA、クラウドファンディングで「AI絵画×NFT」プロジェクト始動

    AIやブロックチェーンなど最新のテクノロジーをテーマに製品開発やクラウドファンディングの企画・運営を…
  3. 2021-9-17

    ヒトとロボットが共生するライフスタイルの発信拠点「PARK+」渋谷にオープン

    “パートナーロボットと暮らすライフスタイルを当たり前の世の中に”という想いのもと、ヒトとロボットが共…
  4. 2021-9-16

    大和書房、ロボットデザイナー・松井龍哉氏 初の単著発売

    大和書房は、『優しいロボット』(松井龍哉 著)を18日に発売する。 著者の松井龍哉氏は世界のロ…
  5. 2021-9-15

    SkyDrive、大阪府・大阪市と「空飛ぶクルマ」実現に向けた連携協定を締結

    「空飛ぶクルマ」および「物流ドローン」を開発するSkyDriveは15日、大阪府及び大阪市と、大阪で…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る