オカムラ、「AutoStore」とピースピッキングロボット連携の実証実験を実施

SGシステム、佐川グローバルロジスティクス、オカムラの3社は23日、SGホールディングスグループの次世代型大規模物流センター「Xフロンティア」において、佐川グローバルロジスティクスが導入する「AutoStore」(2021年3月稼働予定)の更なる機能拡充を目的に、ピースピッキングロボットによる作業自動化の有効性を検証する実証実験を行っていると発表した。

ロボットストレージシステム「AutoStore」は、専用コンテナを高密度に収納し、ロボットがコンテナの出し入れを行うが、荷物の入庫・出庫時においては人手で荷物を扱う必要があった。

今回の検証では、ピースピッキングロボットを使用し、「AutoStore」の入庫・出庫時の作業を自動化する検証を行う。「AutoStore」とピースピッキングロボットの自動連携は国内において実運用では実例が無く、これが実現できれば国内初の事例だという。

今回の実証実験は2つのステップに分割して実施しており、STEP1において人手で行う入庫・出庫作業がピースピッキングロボットの動作特性と合致しているかの確認を行う。こちらは既に完了しており、動作特性が合致していることを確認したという。現在はSTEP2において業務ライン全体の効率化・省人化、安定した生産性の維持に繋がるかの確認を行っている。

また、ピースピッキングロボットはオカムラがパートナーシップ契約を締結したRightHand Robotics, Inc.(米国マサチューセッツ州)のロボットピースピッキングシステム「RightPick」を使用し、機械学習によるマスターフリーの自律ピッキングの実現も確認している。

SGシステムは今回の検証を通して得た知見を物流改善サービスの向上に活かし、佐川グローバルロジスティクスは通販事業者向けの物流サービス「シームレスECプラットフォーム」のサービス向上に活かしていく。オカムラは物流施設内オペレーションのさらなる自動化・省力化をサポートし、生産性向上に貢献していくとしている。

関連URL

オカムラ

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る