ベルズシステム、音声で質問・音声で回答 新チャットボット機能を企業向けに提供開始

福岡を中心にAI技術を用いたシステム開発を行う、ベルズシステムは3日、ベルズシステム独自開発の自然言語理解AI NSU「Roanna 4.0」にバージョンアップしたと発表した。

これまで音声による質問入力には、文字による回答のみ対応していた。自然言語理解AI NSU「Roanna 4.0」では文字による質問には文字で回答し、音声での質問に対しては音声で回答することで、より人に近いインターフェイスを実現したという。

音声入力から音声合成(音声読上げ)の一連のやりとりは、これまではAmazonの「Echo(Alexa)」やGoogleの「Google Assistant」、Appleの「Siri」、NTTドコモの「MyDaiz」など大手企業がパーソナルアシスタントツールとして提供していた。

会話型AIの市場規模は、2020年の48億米ドルから2025年には139億米ドルに達し、CAGR(年平均成長率)21.9%で成長すると予測されているという。(米MarketsandMarkets社調べ)

関連URL

導入に関する問合せ

ベルズシステム

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  2. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  3. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…
  4. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  5. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る