フューチャー、JETROのAI等を活用した貿易投資相談及び社内業務アシスタントシステムが稼働

フューチャーアーキテクトは26日、日本貿易振興機構(JETRO)のAI(人工知能)等を活用した貿易投資相談及び社内業務アシスタントシステムを開発し、3月に本稼働させたと発表した。

日本の貿易に関し、中堅・中小企業やスタートアップなどの海外展開支援、対日直接投資支援、調査・研究を行うJETROには、企業や支援機関など外部からの膨大な件数の相談が寄せられる。また、JETRO内部でも業務に関する多数の問い合わせが日々発生するため、これらへの迅速な対応が求められる。さらに、刻々と新しくなっていく貿易の仕組みやそれに伴う業務の変化にも追随する必要がある。

フューチャーアーキテクトは、2020年7月にJETROの「AI等を活用した貿易投資相談及び社内業務アシスタント構築」を受託し、JETROとともに新システムをデザインし開発を進めてきた。自然言語処理技術の活用と情報の一元管理により透過的な検索を実現した新システムは、ユーザーにとっての利便性と高いシステム性能(精度・速度)を兼ね備えている。「簡便、高速、高精度」に知識を探索できるため、日々寄せられる膨大な件数の相談への迅速な対応や、業務負荷の低減を強力に支援する。

フューチャーアーキテクトは、様々な業界・業種の顧客のIT戦略パートナーとして、AI技術をいち早く実際のビジネスに活用するプロジェクトを推進している。実運用に耐えうるAIモデルを開発し実装する技術力と業務改革ノウハウを強みに、顧客の業務の効率化、省力化、デジタルトランスフォーメンション化を推進し、真の改革を支援するという。

関連URL

フューチャーアーキテクト

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る