AIポータルメディア「AIsmiley」、議事録作成AIカオスマップを公開

人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは8日、議事録自動作成のAIツールをまとめた「議事録作成AIカオスマップ」を公開した。掲載数は合計26サービス。

議事録の書き起こしには、AI・人工知能が人の声を認識して文字データ化したり、複数の言語間を自動的に翻訳しテキスト化する技術の導入が進んでいる。人力では時間と労力がかかる議事録の文字起こしを、AIが代行してくれる。 録音されたテープを聞きながら文字を起こしていくのは、決して楽な作業ではない。

当然、人の集中力にも限界があるから、場合によっては聞き間違いや聞き漏らしをしてしまい、録音データを巻き戻す回数だけ時間を浪費してしまう。そういったロスを最小限に留め、より効率的に議事録を作成するための方法として最近注目されているのが、音声認識機能を活用した議事録自動作成のAIツール。

議事録作成AIは、ツールによって機能や実現できる内容に違いがありますので、自社の課題は何か、どんな結果を実現したいのかという観点から、それぞれのツールの違いを充分に比較検討することが重要。

議事録作成AIは、録音した音声から文字起こししてくれるものと、音声がリアルタイムで文字起こしをしてくれるもの、日本語対応のものと多言語でも対応してくれるものがある。活用シーンによって選択する議事録自動作成AIツールも異なる。

今回のカオスマップは、「議事録作成AIを試したい」という人から「議事録作成を行う最新のAIツールを探している」という人に向け、AIsmileyが独自の主観で、26の製品サービスを取りまとめ、マッピングしたもの。まずは資料を請求し、自社に合ったAIツール選びの参考にしてもらいたいとしている。

カオスマップの入手方法は、「大サイズの議事録作成AIカオスマップ(PDF)」と「議事録作成AIベンダー一覧(Excel)」を希望の企業担当者は、以下の問い合わせフォームの問い合わせ内容欄に「議事録作成AIカオスマップを資料請求」と記載の上、送信する。

問い合わせフォーム 

関連URL

議事録の書き起こしサービス比較と企業一覧

アイスマイリー

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る