AVILEN、AI開発実践の場に最適『社内データ分析コンペ』を提供開始

AVILENは12日、AI技術開発・人材育成事業のノウハウを集約した、DX・AI人材育成のためのサービスとして『社内データ分析コンペ』の提供を開始すると発表した。

コンペの参加者は、実務的なデータを用いてAIのモデル改良に挑み、精度の高さを競う。実践的なスキル習得のほか、コンペ形式による意欲向上、まだ見ぬ優秀な人材発掘などが期待できるという。

Kaggleのようにオープンな形式ではなく、専用システムを使い開催形式はクローズドで実施。参加人数は最低30名〜、1社だけでなくグループ横断の大規模な開催も対応可能。初学者からでも参加できるよう事前学習や各種サポートも充実させている。

AI技術開発を主軸とするAVILENは、これまで参画したプロジェクトでPoC成功率100%を達成。その優れた技術力が高い評価を受けている。また人材育成事業においても、AI資格「E資格」対応コースが合格者数No.1・合格率93%を達成するなど、高品質な研修サービスを展開している。

社内データ分析コンペとは、実務に即したデータを用いて、参加者同士がAIの予測精度を競い合いながら、必要な知識を学ぶことのできる研修サービス。普段経験できない開発実践の場として、上記3つのメリットを期待できるという。

また、規模については最低30名〜最大100名以上にも対応し、1社だけでなくグループ横断開催も可能。

200人規模で実施した大手金融グループでは、中間ランキングなども表示される中で参加者のモチベーションも高く、担当者からは「予想を遥かに超えて盛り上がりました」とのコメントを得たという。

関連URL

『社内データ分析コンペ』

AVILEN

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る