オルツ、YouTubeライブ等のコメントを自動管理する「AIモデレーター」発表会開催

デジタルクローン、P.A.I.(パーソナル人工知能)を開発するオルツは、YouTube Liveなどのライブ配信サービスのチャット・コメントを人工知能で自動的に管理し、快適で健全なコミュニティを形成する「AIモデレーター」の発表イベントを、6月3日に開催する。

開催概要

開催日:6月3日 (木) 14:00~15:00
開催形式:オンラインイベント ※YouTube Liveにて開催
参加費用: 無料
申込期限:6月2日(水)15:00

申込フォーム 

オンラインのライブ配信が活況を呈している。YouTube Liveを始め、企業もZoom等でのウェビナーを本格的に駆使し始めた。

しかし、ライブ配信の活用が進むほど、リアルタイムのチャット・コメントなどにおける誹謗中傷の対策が重要となり、すでにそれは解決すべき喫緊の課題だという。

YouTube Liveには健全なコミュニティ形成のためのモデレーターという仕組みがあり、通常、ライブ配信運営者が手作業で対応している。しかし、人気のライブ配信ともなると、そのコメント量も膨大なものとなり、人力で対応できる限界を超えている。

この問題に対応するため、オルツのデジタルクローンに使用されている自然言語処理技術を応用し、AIが自動でモデレーター業務を遂行する「AIモデレーター」をリリースする。

「AIモデレーター」は、ライブ配信時のチャット・コメントをAIが監視することで、
・不適切コメントの自動削除
・問題のあるコメント投稿者の抽出
・コメントの自動返信
などを自動的に行う。

同サービスはまず、YouTuberやVTuber(バーチャルYouTuber)などが自身で利用できるよう、B2Cのサービスとしてαテスト版を無料提供する。

αテスト版利用の事前予約

関連URL

オルツ

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る