非定型AI-OCRソリューション「スマートOCR健康診断書」を「kencom×ほけん」搭載へ

アイリックコーポレーションは17日、ディー・エヌ・エーと住友商事により設立されたDeSCヘルスケアが提供する「kencom×ほけん」へ、非定型AI-OCRソリューション「スマートOCR健康診断書」を、同社の100 %子会社であるインフォディオと連携し、2021年秋の提供開始に向け、開発に着手したと発表した。

「kencom×ほけん」は、健康増進に役立つ情報配信や日々の歩数の自動記録のほか、ゲーミフィケーションを取り入れたプログラムなどの機能を備え、ユーザーが日常生活で楽しみながら気軽に健康増進活動に取り組むことができるヘルスケアエンターテインメントアプリ。

すでに生命保険会社2社で採用され、幅広いユーザーに対して生活習慣病などの健康リスクの低減につなげることを目指している。

これまでは、アプリ内で入力する健康診断書のデータはユーザー自らが手入力する必要があった。「スマートOCR健康診断書」が搭載されることにより、スマホで撮影するだけでデータの自動入力が実現し、アプリユーザーの利便性が高まるという。

同社では、すでにリリース済みの「スマートOCR請求書」「スマートOCR非定型手書き」「スマートOCR診療明細書」など、今後もビジネスAIとして、さまざまな分野での新たなユーザー体験の創造および業務効率化を実現する新しいサービス提供を続けていくことで、顧客の企業価値向上に貢献していくとしている。

関連URL

「kencom×ほけん」

「スマートOCR」

インフォディオ

アイリックコーポレーション

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る