Joshin、全店舗でAI温度検知デバイス「SenseThunder-Mini」を導入

ソフトバンクの子会社、日本コンピュータビジョン(JCV)は2日、AI温度検知機器「SenseThunder-Mini(センスサンダーミニ)」を、上新電機が運営する店舗に納入しましたと発表した。

 上新電機では生活必需品を取り扱う同社の店舗を中心に、より効率的なウイルス感染予防対策を実現するため、温度検知端末の検討をしてした。

来店する客び従業員の温度検知を目的とし、他社製品と比較検討をした上で、より精度の高いJCVの「SenseThunder-Mini」の導入が決定したという。営業店舗、サービスセンター、営業所の全約240箇所に設置した。

導入と同時に、同社法人営業部でも「SenseThunder-Mini」の取扱販売を開始致した。

関連URL

AI温度検知ソリューション「SenseThunder」

法人の問い合わせ

日本コンピュータビジョン(JCV)

関連記事

注目記事

  1. 2021-9-27

    エーエヌラボ、AI画像査定サービス「かいとりロボ」で八幡自動車商会と実証実験開始

    エーエヌラボは27日、中古車販売会社の車両の買取査定の効率化を目的として、販売、車検、板金サービスを…
  2. 2021-9-22

    宇宙ミュージアムTeNQ、AI案内ロボット展示物解説サービス開始に向け試験導入

    東京ドームシティの黄色いビルにある宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)では、サービスロボットのロー…
  3. 2021-9-21

    XNOVA、クラウドファンディングで「AI絵画×NFT」プロジェクト始動

    AIやブロックチェーンなど最新のテクノロジーをテーマに製品開発やクラウドファンディングの企画・運営を…
  4. 2021-9-17

    ヒトとロボットが共生するライフスタイルの発信拠点「PARK+」渋谷にオープン

    “パートナーロボットと暮らすライフスタイルを当たり前の世の中に”という想いのもと、ヒトとロボットが共…
  5. 2021-9-16

    大和書房、ロボットデザイナー・松井龍哉氏 初の単著発売

    大和書房は、『優しいロボット』(松井龍哉 著)を18日に発売する。 著者の松井龍哉氏は世界のロ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る