Joshin、全店舗でAI温度検知デバイス「SenseThunder-Mini」を導入

ソフトバンクの子会社、日本コンピュータビジョン(JCV)は2日、AI温度検知機器「SenseThunder-Mini(センスサンダーミニ)」を、上新電機が運営する店舗に納入しましたと発表した。

上新電機では生活必需品を取り扱う同社の店舗を中心に、より効率的なウイルス感染予防対策を実現するため、温度検知端末の検討をしてした。

来店する客び従業員の温度検知を目的とし、他社製品と比較検討をした上で、より精度の高いJCVの「SenseThunder-Mini」の導入が決定したという。営業店舗、サービスセンター、営業所の全約240箇所に設置した。

導入と同時に、同社法人営業部でも「SenseThunder-Mini」の取扱販売を開始致した。

関連URL

AI温度検知ソリューション「SenseThunder」

法人の問い合わせ

日本コンピュータビジョン(JCV)

関連記事

注目記事

  1. 2022-7-26

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…
  2. 2022-7-19

    CAC、準天頂衛星システム「みちびき」とブロックチェーンで配達員保険システムの実証実験

    社会や産業のデジタルイノベーションに取り組むシーエーシー(CAC)は19日、準天頂衛星システム「みち…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る