アボット、AI搭載の循環器OCT画像診断装置用Ultreon 1.0 ソフトウェアを発売

アボットメディカルジャパンは2日、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)治療に使用される血管内光干渉断層法(OCT)画像診断装置に、国内で初めて人工知能(AI)を搭載した新しいソフトウェア「Ultreon 1.0 ソフトウェア」(Ultreon)を発売したと発表した。

OCTは近赤外光を用いることで、高解像度の冠動脈画像を提供し、ステントのサイズ選択、留置、意思決定をサポートする画像診断装置。これまで画像診断では、高度な専門知識と多くの症例経験が必要とされていた。

Ultreonは、AIにより、血管の石灰化を自動的に定量化し、使いやすいシンプルなユーザーインターフェース上に表示。これにより、医師の経験だけでなく定性/定量的な観点から至適治療のための意思決定が行える。本ソフトウェアは、OPTIS Mobile Nextイメージングシステム(販売名:SJM FD-OCTイメージングシステム、医療機器承認番号:22300BZX00306000)に搭載される。

AIによる性状評価の自動化とその他の新機能
性状評価:血管の外弾性板と石灰化組織を自動検出し色別表示、プルバック中の石灰化角度と血管の最大厚さをリアルタイムで提示
サイジング: 1つの画面上で、最適なステント位置の確認、血管内腔径、病変長を表示
意思決定:リアルタイムの血管造影画面を並列することで、容易に正確なステント留置を実現
評価:血管拡張とステント留置の結果を表示
生理学的機能:血管機能評価のために再設計された使いやすくシンプルなインターフェース

これらのAIによる性状評価と、使いやすいシンプルなユーザーインターフェースが、医師の一貫した病態診断やステントの選択、配置、および治療方針の最適化を支援する。また、医師はPCI治療後にステントの拡張度合いを確認したり、当該患者での複数のプルバック画像を比較することが可能。循環器領域の画像診断は、血管造影から始まり、超音波や近赤外線等を用いて血管内の性状を直接診断評価できるような技術へと進化してきたが、AI等の新機能が搭載されたことで、AI Supported PCIとしてより一層の進化が図られ、画像診断に新たな価値が加わることになるという。

関連URL

アボットメディカルジャパン

関連記事

注目記事

  1. 2022-1-27

    芝浦工大、AIによる高精度な通信量予測で基地局の電力を再生可能エネルギーへ代替可能に

    芝浦工業大学は27日、工学部情報工学科の新熊亮一教授が、携帯電話基地局の通信量を精度高く予測し、それ…
  2. 2022-1-26

    エクサウィザーズ、AI写真サービス「とりんく」2022年4月リリース

    AIを利活用したサービスによる社会課題解決に取り組むエクサウィザーズは26日、画像認識AIを活用した…
  3. 2022-1-25

    パナソニック、三菱地所とロボットを活用した次世代型まちづくりを推進

    パナソニックは25日、少子高齢化における労働力不足の解決、街づくり・都市開発で効率的なロボット運用の…
  4. 2022-1-21

    吉本興業、AIを活用した結婚マッチングシステム「NAGANO ai MATCH」リニューアル

    吉本興業は20日、AIを活用した結婚マッチングシステム「NAGANO ai MATCH」をリニューア…
  5. 2022-1-19

    A.L.I. Technologies、四万十町の孤立集落支援システムを実現するドローン実証実験に成功

    A.L.I. Technologies(A.L.I.)は19日、2021年4月にKDDIとパーソルプ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る