アボット、AI搭載の循環器OCT画像診断装置用Ultreon 1.0 ソフトウェアを発売

アボットメディカルジャパンは2日、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)治療に使用される血管内光干渉断層法(OCT)画像診断装置に、国内で初めて人工知能(AI)を搭載した新しいソフトウェア「Ultreon 1.0 ソフトウェア」(Ultreon)を発売したと発表した。

OCTは近赤外光を用いることで、高解像度の冠動脈画像を提供し、ステントのサイズ選択、留置、意思決定をサポートする画像診断装置。これまで画像診断では、高度な専門知識と多くの症例経験が必要とされていた。

Ultreonは、AIにより、血管の石灰化を自動的に定量化し、使いやすいシンプルなユーザーインターフェース上に表示。これにより、医師の経験だけでなく定性/定量的な観点から至適治療のための意思決定が行える。本ソフトウェアは、OPTIS Mobile Nextイメージングシステム(販売名:SJM FD-OCTイメージングシステム、医療機器承認番号:22300BZX00306000)に搭載される。

AIによる性状評価の自動化とその他の新機能
性状評価:血管の外弾性板と石灰化組織を自動検出し色別表示、プルバック中の石灰化角度と血管の最大厚さをリアルタイムで提示
サイジング: 1つの画面上で、最適なステント位置の確認、血管内腔径、病変長を表示
意思決定:リアルタイムの血管造影画面を並列することで、容易に正確なステント留置を実現
評価:血管拡張とステント留置の結果を表示
生理学的機能:血管機能評価のために再設計された使いやすくシンプルなインターフェース

これらのAIによる性状評価と、使いやすいシンプルなユーザーインターフェースが、医師の一貫した病態診断やステントの選択、配置、および治療方針の最適化を支援する。また、医師はPCI治療後にステントの拡張度合いを確認したり、当該患者での複数のプルバック画像を比較することが可能。循環器領域の画像診断は、血管造影から始まり、超音波や近赤外線等を用いて血管内の性状を直接診断評価できるような技術へと進化してきたが、AI等の新機能が搭載されたことで、AI Supported PCIとしてより一層の進化が図られ、画像診断に新たな価値が加わることになるという。

関連URL

アボットメディカルジャパン

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  2. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  3. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  4. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  5. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る