東大発クラウド処方箋読取サービス「mediLab AI」がAI学習モデルを一新

mediLabは9月30日、同社の調剤薬局向けクラウドサービス「mediLab AI」の利用拡大が進む中、個々の薬局毎の学習結果を統合する形でAI学習モデルを一新し、読み取り精度を改善したと発表した。今後もより正確な読み取りに向け、AIモデルの改善を続けていくという。

mediLab AIは東⼤発、AIを活⽤した処⽅箋⼊⼒⽀援システム。薬局の処⽅箋⼊⼒業務負荷を軽減し、より多くの時間、患者と向き合うためのサポートを行う。

処方箋はクリニック毎、そしてその為に薬局毎にそのレイアウトが異なる為、AIは汎用モデルを活用しつつ個別薬局毎に学習を調整する。本アップデートでは、利用拡大の中進んでいた個々の薬局毎のAI学習結果を統合・最適化することにより、更なる性能改善/安定化を実現致た。

より多くの学習結果を統合することにより、柔軟な読み取りが実現可能なことが確認されたという。

関連URL

「mediLab AI」の性能改善について
「mediLab AI」
問い合わせフォーム
mediLab

関連記事

注目記事

  1. 2022-6-27

    仕事はもっと効率化できる!個人・企業向けAI文字起こしサービス「Notta(ノッタ)」

    【PR】 仕事を効率的に進めるために、「どのように対処すればいいのか」と悩んでいる人も多いではない…
  2. 2022-6-25

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る