JSAE、第3回自動運転AIチャレンジ 結果発表

自動車技術会(JSAE)は28日、第3回自動運転AIチャレンジの結果を発表した。

第3回自動運転AIチャレンジはオンライン上のシミュレーション競技として、2021年11月2日から12月22日まで開催した。

第3回は最多となる国内外から164チーム、233名が参加。今大会からは、事前学習機会の提供・チュートリアル整備・競技終了後のフォローアップなどを更に充実させ、AI・IoT人材の発掘と育成の機会として実施した。

参加者からは、「競技参加の環境構築をし易いように準備して頂いたおかげで、初心者ですがスムーズに競技開始できました。」とコメントがあった。次の大会に向け引き続き、参加者へのフォローアップを充実させていくとしている。

なお新型コロナウィルス感染防止の観点から、表彰式もオンライン(リアルタイム)で2022年3月5日に実施する。

後日、表彰式とシミュレーションの動画を同会サイトで公開する。

最優秀賞・経済産業省製造産業局長賞
受賞チーム:Hayabusa from UPenn
役割     氏名      所属
リーダー  Zirui Zang   ペンシルバニア大学
メンバー  Nandan Tumu  ペンシルバニア大学

優秀賞・日本自動車工業会会長賞
受賞チーム:Felis
役割     氏名       所属
リーダー   冨田 克樹    NTTデータ オートモビリジェンス研究所
メンバー   Lim Jing Zhi  NTTデータ オートモビリジェンス研究所
メンバー   安宅 佑樹    NTTデータ オートモビリジェンス研究所

3位入賞
受賞チーム:TAK76
役割     氏名     所属
リーダー   高本 聡   トヨタ自動車
メンバー  三浦 康介  トヨタ自動車
メンバー  石川 富康  トヨタ自動車

関連URL

自動車技術会(JSAE)

関連記事

注目記事

  1. 2022-9-13

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る