日本クラウド産業協会、AIクラウドサービスの情報開示認定制度を新設

クラウドサービス情報開示認定機関である日本クラウド産業協会(ASPIC)は、総務省公表のガイドブック、情報開示指針に則った安心・安全なAIクラウドサービスであることが確認可能な情報を開示していることを認定するため、新たに「ASP・SaaS(AIクラウドサービス)の安全・信頼性に係る情報開示認定制度」を4月1日に新設した。

本情報開示認定制度は、2022年年2月総務省公表の「AIを用いたクラウドサービスに関するガイドブック」を基に作成された情報開示指針「AIを用いたクラウドサービスの安全・信頼性に係る情報開示指針(ASP・SaaS編)」(2022年2月総務省公表)に対応した制度だという。

AIクラウドサービスの成り立ち

■「ASP・SaaS(AIクラウドサービス)情報開示認定制度」の特徴
総務省公表のガイドブックや指針に対応し、AI特有のリスク項目について情報開示をしていることを認定し、以下のことを推進する制度。
(1)AIクラウドサービス市場の拡大を促進する制度
・AIクラウドサービスに対するユーザからの信頼性を向上させる。
・クラウド事業者のAIクラウドサービス市場への参入を促進する。
(2)AIクラウドサービスのユーザの視点に立った制度
・専門知識の少ないユーザでも、申請項目、申請内容の理解が容易にできる。
・ユーザがAIクラウドサービスや事業者を評価・選択するのを支援する。

関連URL

「クラウドサービス情報開示認定制度」

日本クラウド産業協会(ASPIC)

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る