TD SYNNEX、ソニー製ドローン『Airpeak S1 』を販売開始

TD SYNNEXは26日、プロフェッショナル向けドローン『Airpeak(エアピーク)S1』を、サポート付きで販売開始した。

『Airpeak S1』は、ダイナミックかつ緻密な飛行と、ソニーのフルサイズミラーレス一眼カメラα(Alpha)搭載可能な機種として世界最小クラスを実現し、主に空撮映像制作分野での可能性を広げる。

同社販売パートナーは、ドローンを使った高画質の空撮をご要望の法人に対し、ソニー製ドローン『Airpeak 』とα(Alpha)を組み合わせた提案が可能になる。

2020年に「政府機関等における無人航空機の調達等に関する方針」公表により、政府調達にとどまらず一部民間向けについても国産ドローンが推奨されるなか、ドローンの活用シーンは産業用途にとどまらず、更なる拡がりを見せている。

特に、広告宣伝等のマーケティング活動、映画等のコンテンツビジネスでは、既存のカメラ資産とドローンとを組み合わせた高画質空撮映像の需要は増加の一途を辿っている。

こうした背景を受け、以前より国産ドローン提供に注力するTD SYNNEXが、日本におけるドローン黎明期からのドローン導入経験と知見を豊富に持つWorldLink & Company(ワールドリンク)と協業を強化、ソニー製のプロフェッショナル向けドローン『Airpeak S1 』の提供開始することとなった。

『Airpeak S1 』の主な特長
1.最高速度90km/h※1、最大角速度180°/s※2、また、最大20m/sの風圧抵抗をもつ高い運動性
2.機体5方向に配置されたステレオカメラや各センシングプロセッサにより、屋内や橋梁下などGNSSを受信しづらい状況下でも安定した飛行を実現
3.カメラ、レンズともにαシリーズに広く対応し、空撮映像の幅を広げられる
4.機体とともにα、ジンバルをリアルタイムに確認・操作可能なモバイルアプリ『Airpeak Flight 』対応
5.機材管理や飛行プラン、フライトログ管理が可能なWebアプリ『Airpeak Base 』対応

関連URL

TD SYNNEX

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る