ハイボット、発電機検査ロボットでGEとライセンス契約締結

ハイボットとGeneral Electric社は11日、発電機検査ロボットの事業化についてライセンス契約を締結したと発表した。これにより、ハイボットが行ってきたRaaS(Robot as a Service)事業を、新たに電力業界にも展開していく。

ハイボットは、ターボ発電業界で世界有数のシェアを誇るGeneral Electric Technology GmbH社の協力の下、GEEP (GEnerator Exploration Platform) を開発した。GEEPは発電機内部のローターを取り外すことなく点検が可能。また、GEEPにはハイボットが培ってきた、狭くて過酷な環境下での可動性、筐体のコンパクト化、独自開発の電子機器といった最新技術が詰め込まれている。

さらに、ハイボットはインフラ設備の点検・保守を目的としたデータ処理・管理・統合を可能とするデジタルプラットフォームであるHiBoxを提供しており、GEEPとHiBoxは高い親和性を実現しているという。

GEEPは22.86mm (0.9インチ)という非常に小さな隙間からも侵入でき、最大150mm (6インチ)の広い空間にも適応可能なため、現在電力業界で使用されている多くの発電機に対応できるす。また、GEEPは高解像カメラを搭載しており、詳細な視覚検査を可能にする。

さらに、自立走行機能を備えており、GEEPが自動運転している間、作業員が別の業務に従事することができる。GEEPは発電機内部の楔やステーターの品質検査に対応できるよう、タッピングセンサーやElCidといったセンサーを備え付けることも可能。

他の点検ロボットと比較した際のGEEPの特徴として、発電機のローターとステーターの表面を2Dまたは3Dの連続的マップを生成することが可能。高解像カメラやローカリゼーションシステムを用いて、発電機内部にある欠損箇所の正確な位置を特定し、一目でインフラ設備の全体像を可視化する。

関連URL

ハイボット

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  2. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  3. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  4. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  5. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る