AI警備システム「アジラ」、京浜急行電鉄「屛風浦駅」にて実証実験開始へ

行動認識AIを独自開発するアジラは22日、京浜急行電鉄(京急)が運営する屛風浦駅に、不審・危険行動検知に加え白杖・車いす検知機能も搭載のAI警備システム「アジラ」を導入し、駅構内の安全性の向上を目的とした実証実験を開始した。

京急は、乗客が安心して快適に利用できる駅構内の環境整備に努めている。今回、駅構内におけるより一層の安全性向上を目的に、AI警備システム「アジラ」の試験運用を京急線屛風浦駅にて開始した。

行動認識AIを使用した「アジラ」は、人の動きに対する検知精度が高く、不審行動の早期発見や転倒事故、さらには白杖や車いすを利用される方への迅速な対応を支援する。京急線屛風浦駅では、AI警備システム「アジラ」の導入により、駅構内の混雑状況や事故発生のリスクの把握など、快適な環境づくりの構築が期待されており、駅を利用する人への利便性、安心できる環境づくりを支援する。

■導入の概要
期間:2023年5月22日~11月21日(6カ月間)
場所:京浜急行電鉄 屛風浦駅 駅構内
対象カメラ台数:14台
導入目的:駅構内の安全性強化(防犯、白杖・車いすを利用される方への支援)

「アジラ」は、世界トップクラスの行動認識AI技術を基にしたAI警備システム。既存のカメラをAI化し、異常行動(転倒、卒倒、ケンカ、破壊行動)や不審行動(千鳥足、ふらつき、違和感行動)を検出したときのみ、瞬時に映像を通知することができるため、映像をモニタリングする警備員の業務を軽減でき、見逃しや見落しも無くすことができる。

関連URL

「アジラ」についての問合せ
「アジラ」のデモンストレーションを体験できる「プレゼンテーションルーム」開設
京浜急行電鉄
アジラ

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る