AOSデータ、「ドライブレコーダーフォレンジック」サービスの提供を開始

クラウドデータ、システムデータ、リーガルデータ、AIデータなどのデータアセットマネジメント事業を展開するAOSデータは10日、ドライブレコーダーの映像を証拠として調査する「ドライブレコーダーフォレンジック」のサービスの提供を開始すると発表した。

ドライブレコーダーフォレンジックサービスは、最先端の画像解析技術で、識別困難な状態から証拠となるドライブレコーダーの画像、動画データの抽出を行うサービス。当て逃げの瞬間の映像が残されたドライブレコーダーから、相手の車のナンバーを鮮明化技術により、証拠として抽出することも可能。

ドライブレコーダーの普及、自動運転化など、自動車業界が大きな技術革命期を迎える中、損害賠償調査にもデジタルデータに対応したより高い技術力が求められている。AOSグループのドライブレコーダーフォレンジックの先進技術は、損保会社の調査技術の先進化にも貢献している。走行中の社内の人物像、ぶれたナンバープレートも超解像度の鮮明化技術を駆使して、捜査の手がかりとなるデータ解析を行う。

関連URL

ドライブレコーダーフォレンジック
AOSデータ

関連記事

注目記事

  1. 2022-7-26

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…
  2. 2022-7-19

    CAC、準天頂衛星システム「みちびき」とブロックチェーンで配達員保険システムの実証実験

    社会や産業のデジタルイノベーションに取り組むシーエーシー(CAC)は19日、準天頂衛星システム「みち…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る