ゼンプロダクツ、AI校正「Shodo」の会員数が1万人を突破

AI校正・誤字脱字チェックサービスの「Shodo(ショドー)」を運営するゼンプロダクツは5日、Shodoの会員数が1万人を突破したことを発表した。

Shodoは「自分の日本語を、信じない」を掲げ、AIによる文章の校正や誤字脱字のチェックを提供するクラウドサービス。

Shodoは2021年1月26日にオープンベータをリリースして以来、ライティングやマーケティングの仕事だけでなく、数多くの人々に利用されてきた。ShodoはAI技術により、タイポのチェックや表記ゆれを自動判定するのが特徴。またAPIサービスも提供することで、既存システムの文章作成や誤字のチェックを効率化している。

今回、会員の数が1万人を突破しましたので発表した。今後も多くの人々の仕事をAIによって効率化し、仕事を奪うのではなく、より良い仕事に集中できるよう開発を進めていくとしている。

Shodoは無料から利用でき、すべての校正機能を使えるShodoプレミアムプランが月額1000円(税込)、チームで利用するShodoビジネスプランが1名あたり月額2000円(税込)で利用できる。システム連携用のAPIプランは月額4万円(税込)から利用でき、ユーザーのクラウド上にホスティングするプランもある。

1万ユーザーを記念して、Shodoを1年間30%オフで利用できるクーポンを配付する。このクーポンは14日間の無料期間に加えて利用できる。Shodoのプランを購入する際、支払い方法の入力時にある「プロモーションコード」の欄に入力する(7月31日まで有効)。

・クーポンコード:SHODO10K

関連URL

「Shodo(ショドー)」
ゼンプロダクツ 

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  2. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  3. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  4. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…
  5. 2024-5-17

    ホープリヴス、生成AIでモデル撮影の時間とコストを大幅削減「アイファモ」をリリース

    ホープリヴスは14日、サービス展開しているAIキャスティで、アパレル業界の撮影プロセスを根本から変革…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る