クラフター、業務効率化ツール「Crew」で生成AIの組織内利用を可視化できる分析機能リリース

クラフターは10日、ChatGPTをビジネスで安全に活用する業務効率化ツール「Crew」で、導入企業が生成AIの組織内利用を可視化できる分析機能をリリースしたと発表した。

ChatGPTをビジネスで安全に活用するツール「Crew」は2023年6月のサービス提供以来、企業固有の書類をアップロードし参照できる機能を特徴とし、多くの官公庁・自治体や企業にサービス提供している。

企業内で生成AIの活用推進の効果を図るには、利用に関する数値データの振り返りが重要。Crewでは、利用者がどのくらいAIと会話をしたかの数値データと利用者数を確認する「分析」ページを用意している。

他にも生成AIの定着支援のため、導入後にアンケートの実施サポートなどのコンサル支援も行っている。

「分析」機能はCrewを利用しているアカウントのうち管理者権限を持つアカウントのみ利用することが可能。

分析ページではCrewを使用したメッセージ数、および利用者数を確認することができる。

数字とグラフで表示されているので、利用状況の推移が視覚的に分かりやすいのが特徴となっている。

また集計期間を絞ることもできるので、より細かく分析したい期間を指定して分析することが可能。

組織内のCrew利用者の活用状況の管理はもちろん、従業員の生成AIの利用率と活用度合いを図り、導入の効果や改善点を企画できる。利用と資料請求の問い合わせ

関連URL

「Crew」
クラフター

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  2. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  3. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…
  4. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  5. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る