スリーシェイク、生成AIを活用したSRE業務自動化への取り組みを発表

スリーシェイクは14日、同社が提供するSRE総合支援サービス「Sreake(スリーク)」が、「Google Cloud 生成 AI パートナー エコシステム」を活用して、SREの業務を自動化・効率化し、これまでの人的リソースへの依存度を軽減する取り組みを開始することを発表した。

また、SREの価値を業界全体に広め、発展・成熟を促すことを目的に、SREの業務自動化・効率化事例をSreake公式ブログで2024年1月から毎月公開、また、各種イベントでの登壇を通じても事例を共有していくという。

従来のSRE対応は人的リソースへの依存が強く、ビジネスの成長や市場ニーズの多様化にあわせて迅速にスケールさせることが難しいという課題があった。

スリーシェイクは、この課題を解決するために「Google Cloud生成AIパートナー エコシステム」を活用し、SRE業務の自動化と効率化に取り組むことを決定した。従来、人的リソースの制約により限定的であったSREの支援が、この取り組みにより、広範な顧客にスムーズに提供されることとなる。

さらに、スリーシェイクは、2024年1月からSreake公式ブログで、実際の自動化・効率化の事例を毎月公開する。また、各種イベントでの登壇を通じても事例を共有していく。スリーシェイクは、この取り組みを通して、業界全体の発展と成熟を促進し、より多くの人にSREの重要性と価値を認識してもらうことを目指すとしている。

Sreake公式ブログ
問い合わせ

関連URL

「Sreake(スリーク)」
スリーシェイク

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  2. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  3. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  4. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…
  5. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る