ギブリー、「ChatGPT Team」の活用支援を含む企業の生成AI活用伴走支援サービス提供開始

「法人GAI」を始めとして、生成AIの企業活用を支援するギブリーは11日、「生成AI伴走支援サービス」を提供開始した。

本サービスは、企業のDX推進担当の方を対象に、生成AI活用に関わる意思決定や施策への包括的に支援するもの。具体的には、コンサルタント・アナリストによる最新情報・リサーチデータのご提供、インクワイアリーサービス、個別アドバイザリーサービス、クローズドの勉強会における最新事例の共有・生成AI活用推進企業のネットワークを提供する。

また、1月10日(米国時間)に発表されたChatGPTでチーム専用ワークスペースが利用できる「ChatGPT Team」の活用支援の提供も開始する。同社で提供しているプロンプト作成代行サービス「プロンプトBPO」や、生成AI塾「エジソン」におけるGPTs制作知見等を集約し、チーム専用のGPTsアプリの作成による業務効率化の支援を行う。

■ 生成AI活用伴走支援サービスの提供内容
本サービスでは、企業の生成AI活用に関するロードマップ作成・意思決定支援のため、以下の4サービスを提供する。

□他社事例‧最新業界情報‧リサーチデータ提供
・国内企業の生成AIの効果的な導入ユースケースや、成功 / 失敗事例の独自情報提供
・同社コンサルタント‧アナリストによる最新の業界情報提供

□インクワイアリーサービス
・生成AIのエキスパート人材によるオンラインミーティング
・事例等の解説、最新情報の提供等

□個別アドバイザリーサービス
・生成AIのエキスパート人材によるオンラインミーティング
・担当コンサルタントのアサイン
・貴社個別フィードバック、アドバイザリーを提供

□クローズドのオフラインイベントへのご招待
・同社が主催する Executive / Leader 向けの生成AIカンファレンスおよび勉強会
・企業の最新事例やネットワークを提供

■ 「ChatGPT Team」活用支援について
本サービスでは、1月10日(米国時間)発表されました、ChatGPTでチーム専用ワークスペースが利用できる「ChatGPT Team」の活用支援も開始する。

「ChatGPT Team」の主な特徴は、以下の4つ。
・チーム専用のワークスペースやチーム管理ツール
・チーム専用のGPTsアプリを作成して、チーム内で共有・利用可能
・ビジネスデータおよびTeam内の会話データを学習しない
・新機能への早期アクセス

問い合わせフォーム

関連URL

ギブリー

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る