相模原市、エレベータのない中層階住宅で階段昇降用ロボットの実証実験を実施

アクセスエンジニアリングは19日、エレベータのない団地で、階段の移動が不自由な人・妊娠をしている人や、重たい荷物持って移動できない人のために、エレベータ設置の替わりとして、ロボットを使って、介助者なしで移動ができるようになることを目指し、相模原市やさがみはら産業創造センターとともに、実証実験を行うと発表した。

エレベータの替わりに、各階の昇降移動ができる車椅子ロボットは、世界初だという。ロボットは、国際特許出願の車椅子型ロボットmovBot ACE-Stair。

今回の実証実験は、相模原市[サービスロボット実証実験支援事業]に基づき、相模原市、さがみはら産業創造センター、アクセスエンジニアリングの三者により実施される。

中層階住宅に住む人にとって、階段昇降ができなくなることは、足腰がさらに弱くなり、寝たきり予備軍となる。健康を維持するためにも屋外での散歩が必要。

現在わが国では、団塊の世代用に作られた中層階住宅にエレベータを設置していたが、巨額設置費のため、全国に4階建168千棟、5階建84千棟(平成20年国交省調)エレベータのない中層住宅が放置されたままだという。

ロボットは、設置費用がエレべータの10分1程度。

開発中のロボットは、専用カードを各階のカードリーダーにかざして、目的階のボタンを押すだけで、目的階に連れていく車椅子型ロボット。

1.カードを、カードリーダーにかざすと、ロボットがお迎えに来る。
2.ロボットに乗って、目的階ボタンを押すだけで、目的階に移動。
3.目的階で降車すると、ロボットは、ロボット基地に自動で戻る。

関連URL

アクセスエンジニアリング

関連記事

注目記事

  1. 2024-4-15

    AI食事管理アプリ「あすけん」、累計会員数1000万人突破大感謝祭キャンペーン第5弾

    AI食事管理アプリ「あすけん」の開発・運営を行うaskenは、累計会員数が1000万人を突破したこと…
  2. 2024-4-15

    学校向け生成AIクラウド「スタディポケット for TEACHER」、「無料」で利用可能に

    CODEGYMは12日、同社の学校向け、校務DXを推進する生成AIクラウドサービス「スタディポケット…
  3. 2024-4-11

    アイスマイリー、人事・総務向け問い合わせ対応AIカオスマップを公開

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは11日、各業界のDX推進の支援の一…
  4. 2024-4-11

    AIライティングアシストツール「fumi-co」、新テンプレート「SEO記事」リリース

    CROCOは10日、AIライティングアシストツール「fumi-co」に「SEO記事」を公開した。一度…
  5. 2024-4-10

    NABLAS、生成AIのフェイクを見破る企業向けフェイク検出サービスをリリース

    AI総合研究所として活動するNABLASは10日、企業向けフェイク検出サービスをリリースした。これに…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る