Midjourney V6モデル搭載 AIチャットボット「GitMind Chat」がAI画像生成機能を発表

Apowersoftは25日、Midjourney V6モデルを含む最先端の画像生成技術を活用したGitMind Chatが、ユーザーが入力した簡単なテキスト説明に基づいて、高品質で芸術的な画像を生成する「AI描画」機能を発表した。

この技術により、ユーザーがSNSのアバターや商品画像など、どのような種類の画像を望んでいる場合でも、「AI描画」は驚くほど正確かつ詳細に、ユーザーの想像を表現することができるという。

GitMind Chat「AI描画」の注目機能

最高の画像生成:業界最先端のMidjourney V6モデルを採用したテキストAI描画機能は、ユーザーのプロンプトに基づいて、アート感の強い高品質な画像を生成することができる。

無限の創造性:SNSのアバター、商品画像、どんなスタイルのアートワークでも、GitMind ChatのAI描画はあらゆる画像ニーズに簡単に対応できる。

共有とインスピレーション: ユーザーが作成した画像は、手間をかけずにコミュニティギャラリーに共有することができ、また、他のユーザーの作品を見てインスピレーションや創造性を高めることもできる。

便利な操作: AI初心者の方でも、ギャラリー内のキーワードを検索することで、簡単にプロンプトを利用できる。

GitMind Chat「AI描画」の体験方法

プロンプトを入力:ユーザーがAI描画機能で具体的な画像の説明を入力すると、AIがその説明に基づいて対応する作品を生成できる。

プロンプトを検索:ギャラリーから共有された作品を検索し、ユーザーはその作品のプロンプトをコピーすることで、似たスタイルの画像を生成することができる。

利用シーン例

個人用アバターの作成:ユーザーが「未来的なアバター」など、自分の好みに合わせて欲しいスタイルを入力すると、AI描画はその記述に基づいて、ユニークで個人的なアバターを生成する。

商用画像のデザイン:会社は、製品の販促用画像や広告素材などを素早く作成することができる。

アート制作:「ファンタジーの森の中の不思議な生き物」など、特定のテーマを探求したいアート愛好家は、そのコンセプトをユニークなアート作品に仕上げることができる。

教育支援:太陽系の構造を説明するために鮮明な画像を必要とする教師は、コンテンツを作成する際に、直感的で美的感覚に優れた教育用図を作成することが可能。

SNSコンテンツ:ユニークなSNS投稿を求めるブロガーやインフルエンサーは、「霧の中の光の旅人」のような特別なシーンやコンセプトを表現することができ、AI描画はフォロワーの注目を集める画像を生成する。

カウンセリングツール:カウンセラーはベン図を使って、「海辺の穏やかな夕日」など、クライアントのストレスを軽減するためのリラックス画像やセラピー画像を生成することができる。

連URL

GitMind Chat「AI描画」機能
GitMind Chat 無料試用
GitMind Chat

関連記事

注目記事

  1. 2024-4-19

    GreenSnap、生成AIフラワーアレンジメント「AI:zen~Flower Arrangement Assistant~」提供開始

    植物コミュニティアプリ「GreenSnap」を運営するGreenSnapは18日、生成AIを活用しフ…
  2. 2024-4-17

    生成AIの教育活用”EdGPT”への進展「デジタル・ナレッジ教育テクノロジ研究所 オンラインセミナー」

    eラーニング専門ソリューション企業デジタル・ナレッジは、デジタル・ナレッジ教育テクノロジ研究所 主催…
  3. 2024-4-15

    AI食事管理アプリ「あすけん」、累計会員数1000万人突破大感謝祭キャンペーン第5弾

    AI食事管理アプリ「あすけん」の開発・運営を行うaskenは、累計会員数が1000万人を突破したこと…
  4. 2024-4-15

    学校向け生成AIクラウド「スタディポケット for TEACHER」、「無料」で利用可能に

    CODEGYMは12日、同社の学校向け、校務DXを推進する生成AIクラウドサービス「スタディポケット…
  5. 2024-4-11

    アイスマイリー、人事・総務向け問い合わせ対応AIカオスマップを公開

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは11日、各業界のDX推進の支援の一…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る