Legal AI、AIのレイティングシステム(LARS) の定義を発表

生成AIを開発するジークラウドとAIリーガルテック企業 Legal AIは12日、子どもから大人まで安心して安全にAIを利用できるように、AIのプロダクトやサービスにも映画と同等のレイティングシステムが必要との考えから、AI専用のレイティングの定義付けを発表した。

AIのレイティングシステムの必要性

品質の評価
レイティングシステムは、AIシステムやその他のテクノロジーの品質や性能を客観的に評価する手段を提供する。これにより、ユーザーは製品やサービスの選択をより正確に行うことができる。たとえば、消費者がAIベースの製品やサービスを選択する際に、それらの信頼性、効率性、およびセキュリティに関する情報が利用可能であることが重要。

透明性と信頼性
AIシステムの動作や意思決定の透明性はますます重要になっている。AIのレイティングシステムは、その性能や動作に関する情報を提供し、ユーザーや利害関係者に対して透明性を確保する。これにより、AIシステムの信頼性が向上し、不正確な情報やバイアスの影響を受ける可能性が減少する。

比較と競争力
レイティングシステムは、競争的な市場において異なる製品やサービスを比較するための有用なツールです。これにより、類似の製品やサービスを提供する企業や開発者が、自社の製品の強みや改善点を把握しやすくなります。また、顧客は自分のニーズに最も適した選択肢を見つけやすくなる。

フィードバックと改善
レイティングシステムは、製品やサービスの開発者にとっても有益。ユーザーからのフィードバックやレイティングは、改善のための貴重な情報源となる。開発者は、ユーザーの要求や不満に応じて製品やサービスを改善することができる。

これらの理由から、AIのレイティングシステムは、AI技術の進化と普及を促進し、ユーザーと開発者の双方にとって重要な役割を果たしますと考えているという。

AI レインティングシステム (LARS – Legal AI Rating System)

G(General audiences)
全年齢に適しているAI
全年齢の人間がAIと会話する内容
全年齢の人間がAIの操作又は行為を許容

注釈
全ての年齢層が利用可能な区分。軽度の公序良俗に反する行為は容認される。不特定多数で利用者のレイティングができない場合は常にGをベースにする

PG(Parental guidance suggested)
利用制限はないが、子供が利用又は会話する前に保護者が内容を検討することを提案したもの。保護者の教育方針によっては、子供に適さないと考えられる内容を含む可能性がある作品。

注釈
子供に利用させるべきか否かの判断は保護者の判断に委ねられており、保護者によっては問題ないと判断したり「保護者の監督」の提案自体を無視することもある。G以外では最も弱い警告であり、問題になる要素があるというより、問題は蓋然的なレベルに留まる

PG-13(Parents strongly cautioned)
利用(操作)制限はないが、13歳未満(12歳以下)の子供の利用又は会話については、保護者の厳重な注意が必要なAI

注釈
暴力・恐怖表現・ヌード・卑語などを含むが、マイルドであるもの。その他、何らかの意味で12歳以下に向いていない内容を含む可能性があるAI

R(Restricted)
17歳未満の利用又は会話は保護者の同伴が必要なAI

注釈
年齢制限によりAIの利用を禁止する区分のこと。卑語、激しい暴力、ヌード、薬物乱用など、成人向け要素を確実に含むと判断されたAIで、子どもの利用は原則禁止

NC-17(No one 17 and under admitted / Adults only)
17歳以下の利用又は会話を全面的に禁止したAI

注釈
極めて暴力的かつ性描写が著しいAI。日本ではR18+に区分されるもので18歳未満の利用又は会話を禁止する区分のこと。いわゆる18禁や成人映画と呼称されるAI

Deceased(故人)
故人を復元したAIの利用制限

注釈
故人を復元したAIは、倫理的かつ心理的・精神的な問題を孕むため、遺族感情や故人の肖像権及び名誉に配慮が必須で、その利用又は会話には、利用する前に必ず利用者と倫理的合意を条件とする

NR (Not Rated) / Unrated
利用制限のないAI

注釈
自主AIや限定公開、自己責任の範囲で利用又は会話する場合のAI

LARS(AIレイティングシステム)の使い方
AI企業は提供するAIプロダクトまたはサービスのウェブサイトやアプリ、パッケージの説明書等に上記のAIレイティングを表記し、利用者のAIのレイティングを正確に伝える。

今後、Legal AIは、AI開発企業が、こうしたAIのレイティングシステムをベースに、子どもから大人まで安心・安全にAIを利用できるようレインティングの表示を義務付ける法令等の制定を目指し活動する。

賛同するAI開発企業及び個人の方は、同社のAI レイティングシステム(定義)を自由に利用できる。リンク先はこちら

関連URL

ジークラウド
Legal AI

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-17

    ホープリヴス、生成AIでモデル撮影の時間とコストを大幅削減「アイファモ」をリリース

    ホープリヴスは14日、サービス展開しているAIキャスティで、アパレル業界の撮影プロセスを根本から変革…
  2. 2024-5-17

    アイスマイリー、AIの導入を促進させる「生成AI導入ガイドブック」リリース

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは13日、AI導入推進の一環として、…
  3. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  4. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  5. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る