インフォネット、AIチャットボット「Q&Ai」が都水道局の公式HPへ導入

インフォネットは1日、東京都水道局の公式ホームページにおける顧客サービスの向上に向けた取組みを、進化するAIチャットボット「Q&Ai」のシステム活用によって支援していると発表した。

少子高齢化社会と労働力人口の減少が進む中、近年企業や自治体が生産性向上・業務削減のために様々な取組みを行っている。東京都水道局では、お客さまセンターのオペレーターが、引っ越しに伴う各種手続き、様々な問合せに対応しているが、利用者にとっては、営業時間に電話ができない、時間帯によって電話がつながりづらいといった状況があった。

そこで、引っ越しの手続をはじめ、料金・工事情報、非常時に向けた備えなど、知りたいコンテンツにアクセスできるAIチャットボット「水滴くん相談室」を運用し、利用者は、24時間365日都合の良い時間に、様々な問合せをすることが可能になった。

また、「水滴くん相談室」から、各種手続きのインターネット受付フォームへの誘導など、利用者をサイト内の知りたい情報へ的確に案内できるようになり、利用者サービスの向上を実現しているという。

インフォネットでは、問合せ内容に基づく利用分析内容や改善すべきFAQの提案やその他、有用と考えられる指標、統計情報、改善提案等の運用サポートも行っており、今後もAI技術を用いて、東京都水道局公式ホームページにおける利用者サービスのさらなる向上をサポートしていくという。

関連URL

インフォネット

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-8-11

    Society5.0のキーワード①「RPA」「DX」「5G」

    Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…

注目記事

  1. 2020-9-29

    医療教育オペクラウドVRが東京都スタートアップ実証実験促進事業に採択

    ジョリーグッドは29日、自社で展開している医療教育プラットフォーム「オペクラウドVR」の実証事業が、…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る