みらい翻訳、機械翻訳サービスが国内クラウド機械翻訳で初のISO27017認証取得

みらい翻訳は16日、企業向け機械翻訳サービスMirai Translatorおよびみらい翻訳プラットフォーム音声翻訳APIサービスにおいて、クラウドサービスの情報セキュリティシステム構築が高セキュリティに実施されていることを第三者が認証する国際規格のISMS「クラウドセキュリティ認証(ISO/IEC 27017:2015)」の認証を取得したと発表した。

今回の認証は、みらい翻訳のサービスにおいてユーザが機密性の高い情報を処理するため、クラウドサービス提供事業社として、より高度のセキュリティ対策を実施することにより、顧客がより安心・安全にサービスを利用できるように、国内クラウド機械翻訳サービスとして初めて*1 ISMS「クラウドセキュリティ認証(ISO/IEC 27017:2015)」の認証を取得した。

ISO27017の取得により、セキュリティ要求の高い金融機関、製薬、知財および政府等をはじめとする顧客に、安全性や信頼性が確保された情報セキュリティ対策状況を開示・証明し、これまで以上に安心してみらい翻訳のサービスを利用してもらうという。

*1:. 「ISMSクラウドセキュリティ認証取得組織検索」 2020年4月14日付けの公表情報より。

関連URL

機械翻訳サービス Mirai Translator
みらい翻訳プラットフォーム音声翻訳APIサービス
みらい翻訳

関連記事

注目記事

  1. 2020-7-12

    Kenneth Research、「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会展望2024年」発刊

    Kenneth Researchは10日、調査レポート「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会…

ピックアップ記事

  1. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近のコメント

    ページ上部へ戻る