IP-RoBo、商標の登録可能性先行調査の人口知能サービス「TM-RoBo」を無償で提供

IP-RoBoは16日、テレワークを支援するために、商標の登録可能性等の先行調査を支援する人工知能サービス「TM-RoBo(ティーエム・ロボ)」を無償で提供すると発表した。

新型コロナウイルス感染拡大、これを受けた緊急事態宣言の発令により、テレワークが強く推奨されている。しかし、テレワークにより、商品開発を行う部署と商標調査を行う部署の連携がスムーズに進まないことになりかねない状況となっているという。

そこで、専門家の判断を機械学習した商標の先行調査を支援する人工知能サービス「TM-RoBo(ティーエム・ロボ)」を利用できる無償アカウントを提供することにより、商品開発部署の在宅勤務テレワークを支援するともに、商標調査部署との連携を支援するという。

利用方法は、5月15日までに、公式Webサイトの問い合わせフォームから申し込む。
Web会議で利用方法を説明し、利用できるアカウントを発行さする。

申込フォーム

関連URL

IP-RoBo

関連記事

注目記事

  1. 2022-6-27

    仕事はもっと効率化できる!個人・企業向けAI文字起こしサービス「Notta(ノッタ)」

    【PR】 仕事を効率的に進めるために、「どのように対処すればいいのか」と悩んでいる人も多いではない…
  2. 2022-6-25

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る