マーケットリサーチセンター、「ゴミ分別ロボット産業2020-2026」調査資料を取り扱い開始

マーケットリサーチセンターは17日、「ゴミ分別ロボット産業2020-2026」調査資料の販売を開始した。ゴミ分別ロボットの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれている。

当リサーチレポートでは、ゴミ分別ロボットの世界市場規模が2019年xx百万ドルから2026年xx百万ドルまで年平均xx%成長すると予測。当レポートは、ゴミ分別ロボットのグローバル市場動向、主要メーカー別の市場シェア、種類別市場規模(有機性廃棄物、プラスチック廃棄物、金属廃棄物、電子廃棄物、その他)、用途別市場規模(リサイクル産業、プラスチック産業、金属鉱物産業、木材産業、その他(食品産業))、地域別(北米、ヨーロッパ、中国、日本)生産規模、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア、中南米、中東・アフリカ)消費規模、バリューチェーン、販売チャネル、市場機会・課題・市場環境分析、関連企業情報などを掲載しているという。

関連URL

詳細内容・申込み
マーケットリサーチセンター

関連記事

注目記事

  1. 2020-7-12

    Kenneth Research、「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会展望2024年」発刊

    Kenneth Researchは10日、調査レポート「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会…

ピックアップ記事

  1. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近のコメント

    ページ上部へ戻る