TechShare、K-12向け教育用ロボットアームDOBOT Magician Lite国内販売開始

TechShareは17日、国内正規代理店として販売するDOBOTの新製品Magician Liteの国内販売を開始した。

今回、国内販売を開始したMagician Liteは、小学生から高校までのいわゆるK-12向けの教育用プラットフォーム製品として、DOBOT社からリリースされた製品。教員や教育者にとっても、学ぶ学生や生徒にとっても、最適なSTEM教育ツールとなる安全な小型・超軽量のロボットアームだという。

Magician Liteの標準のプログラミング環境は、DOBOT用のScratch環境。子供たちが慣れ親しんでいるScratchのソフトウエア環境で、生徒たちは、ロボットのひとつひとつの動作を制御し、どのようにプログラムやメカ機構が働くかを学ぶため、シンプルなドラグアンドドロップができるコーディングブロックを使って、ゲームやアニメーションのプログラムを作ることができる。

モーションコントロールアルゴリズムとユーザタスクを分けてあるので、ユーザは自分の動作させたいユーザタスクのプログラムを簡単に記述することができる。

Magician Liteの基本性能

可搬重量 :250g
繰返し精度:0.2mm
最大リーチ:340mm(半径)
本体重量 :2.4kg
対象年齢 :小学校1年~高校3年生まで
詳細情報
Magician Lite 販売価格:11万8000円(税抜)

関連URL

販売サイト
TechShare

関連記事

注目記事

  1. 2020-7-12

    Kenneth Research、「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会展望2024年」発刊

    Kenneth Researchは10日、調査レポート「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会…

ピックアップ記事

  1. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近のコメント

    ページ上部へ戻る