学習支援コンテンツ「かんじのじかん」にAIアナウンサー「荒木ゆい」を提供

ソニービジネスソリューションは18日、日本漢字能力検定協会の学習支援コンテンツ「かんじのじかん」に、AIアナウンサー「荒木ゆい」ボイス・プラットフォームサービスを提供したと発表した。本コンテンツは、5月20日から5月29日まで公開される。

「かんじのじかん」は、新型コロナウイルスの拡大により、家庭で過ごす時間が多くなった子どもたちが、学校再開に向けて学習習慣を取り戻すことを目的とした、学習支援コンテンツ。

「荒木ゆい」と、漢検オリジナルキャラクター「くまのつぶたろう」の掛け合いで、その日の日付に合わせた画数の漢字を学ぶ「漢字画数カレンダー」や、ニュースで漢字学習ができる、漢検の無料アプリ『漢検とニュース』(協力:読売新聞社)から気になるニュースを紹介する「漢検とニュース」、熟語を学べる「今日のラッキー熟語」などの学習コンテンツを提供する。

動画は平日の朝8時15分に日替わりで公開される。毎日決まった時間に楽しく学べる動画を公開することで、学校再開に向けて学習習慣を取り戻したい子どもたちの学習をサポートする。

「荒木ゆい」は、Specteeが開発した音声読み上げサービス。文章を音声で読み上げる「Text to Speech(テキスト トゥ スピーチ)」技術にディープラーニング(深層学習)を取り入れて、実際にアナウンサーが読んでいる約10万件のニュース音声を機械学習したことで、より人に近い滑らかな発音を実現している。また、読み上げたい内容をパソコンにテキスト入力するだけで音声データを生成できるため、収録機材や特別なスキルなしで、音声読み上げサービスを活用できる。

関連URL

「かんじのじかん」
「漢字カフェ」
ソニービジネスソリューション

関連記事

注目記事

  1. 2024-3-1

    鹿島、画像AIを用いて技能者の人数と作業時間を自動で把握するシステムを開発

    鹿島は2月29日、画像AIと独自の解析アルゴリズムを用いて、指定した作業エリア内における技能者の人数…
  2. 2024-3-1

    ユニフィニティー、AIおまかせ設定でモバイルアプリを自動生成する新機能を無料提供

    ユニフィニティーは2月29日、ノーコード・業務用モバイルアプリ作成の無料ツール「Unifinity …
  3. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  4. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  5. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る