エイシング、エッジAIにおける市場調査機関「Edge AI Research Center」を設立

エッジAIスタートアップのエイシングは26日、エッジ側でリアルタイムな自律学習・予測が可能な独自のAIアルゴリズム「AiiR(AI in Real-time)2」シリーズを提供しており、この度、エッジAI領域における市場調査機関として「Edge AI Research Center(エッジAI リサーチ センター: EARC)」を設立したと発表した。

エッジAIに関する情報発信を拡げることで、業界への理解や具体的な取り組みの推進、ひいては業界全体の発展に貢献することを目指すという。

近年、これまでクラウド上で実行されることが一般的であったAIの情報処理をエッジ側で実行する「エッジAI」への注目、そして実装への具体的な取り組みが増加しており、自動運転や第四次産業革命といった、より注目を集めている分野で特にその需要が高まっている。

2019年に米国ガートナー社が発表した「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2019年」においても、注目すべき29の先進テクノロジに選出されるなど、エッジAI業界への期待が高まっており、世界各国の企業や研究機関において様々な取り組みが進んでいる。

同社では、このエッジAIの領域において、導入機器単体がクラウドを介することなくリアルタイムに自律学習・予測することが可能な独自AIアルゴリズム「AiiR(AI in Real-time)」シリーズを研究・開発するとともに、顧客のシステムへの実装までを技術的にカバーできることで、顧客の先進的なニーズに対応している。

関連URL

「Edge AI Research Center(EARC)」
エイシング

関連記事

注目記事

  1. 2024-3-1

    鹿島、画像AIを用いて技能者の人数と作業時間を自動で把握するシステムを開発

    鹿島は2月29日、画像AIと独自の解析アルゴリズムを用いて、指定した作業エリア内における技能者の人数…
  2. 2024-3-1

    ユニフィニティー、AIおまかせ設定でモバイルアプリを自動生成する新機能を無料提供

    ユニフィニティーは2月29日、ノーコード・業務用モバイルアプリ作成の無料ツール「Unifinity …
  3. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  4. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  5. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る