Will Smart、AIを活用した乗降客カウントソリューション「Customer Count AI」

Will Smartは16日、公共交通事業者に向けたAIを活用した乗降客カウントソリューションの第1弾としてバス事業者向けの「Customer Count AI」をリリースした。

乗降客カウントソリューション「Customer Count AI」は、「乗降客数をカウントし、ダイヤ最適化や車両選定に資する情報として提供」、「乗降客の属性データを取得し、マーケティングに活用可能」、「混雑状況をリアルタイムで計測し、利用者の利便性を高める情報として提供」、「混雑状況を把握することで、混雑を回避した乗車をサポート」といった価値を提供する。

また、「乗降客を95%~98%の高精度で測定可能(PoC時の自社調査による)」、「マスクを着用している乗降客の属性分析も可能」、「エッジ処理により、リアルタイムで測定可能
画角の死活監視により、画角ずれ等の認識漏れを防止」、「カスタマイズにより、バスロケーションシステムや音声合成システムとの連携が可能」、「取得データをダッシュボード上に表示可能(オプション)」、「自社開発画像処理コンピュータ(AI-BOX)により、比較的安価に導入が可能」、「GPSを活用しバスの位置情報をリアルタイムに取得」、「音声合成機器等との連携により、系統情報やバス停の情報を取得し、バス停間の乗降客数をより正確に把握することが可能」といった特徴がある。

乗降客カウントソリューション「Customer Count AI」は、バス事業者以外の公共交通事業者はもとより、コンビニエンスストアやショッピングセンター等、店舗内外の消費者流動の計測や交通量調査に応用でき、商品の配置やリーシング、店舗開発等マーケティング領域への活用も想定している。現在、Will Smartでは当該領域での利用を可能にするための準備を進めているという。

関連URL

問い合わせ先
Will Smart

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る