51%が「自分の職業は人工知能に淘汰されない」と回答 =AINOW調査結果=

ディップの運営する人工知能専門メディアAINOWは6日、「社会人2000人に聞いた、人工知能って敵?味方?調査」を実施し、その結果を公表した。また、AINOWで「人工知能とは?」を説明できるようになる特設サイト「WHAT IS AI?」を公開した。

調査結果によると、社会人男女2000人に「自分の職業が人工知能(AI)により淘汰されると思うか」を聞いたところ、51%が淘汰されないと思う、27%が淘汰されると思うと回答した。

また、「人工知能のイメージは敵か味方か」を聞いたところ、12%が敵、46%が味方だとイメージすることが分かったという。

調査概要

調査設計・分析:ディップ DipStartups 小杉倫瑞季(学生インターン)
調査名:「社会人2000人に聞いた、人工知能って敵?味方?調査」
調査手法:インターネット調査
調査対象:全国の企業に勤める22〜60歳の男女
調査実施時期:2020年3月
有効回収数:2000サンプル

関連URL

「WHAT IS AI?」
ディップ

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る