東京警備保障、遠隔操縦ロボットの「アバター警備&接客」サービス提供開始

東京警備保障は10日、受付や警戒業務を省人化し、コスト削減や感染症対策を想定した「アバター警備&接客」を7月中旬から順次提供すると発表した。

アバター警備&接客の特徴は、「遠隔地からの警戒や接客で、現場の省人化によるコスト削減が可能」、「一気通貫のサービスで、ロボットから遠隔スタッフまで全てサポート」、「コロナ禍等による感染症対策にも有効」の3つ。

昨今、日本社会は人口動態の変化や働き方改革による人手不足によって、リモートワークやオートメーション化等の環境整備や効率化が求められている。又、コロナ禍によってそれが急激に加速している。

同社においても切迫の課題としている中で、ロボットを遠隔地から自分の分身として動かせるアバター型のロボットであれば、通常の受付業務や警備業務に加えた遠隔サポートが可能となり、コロナ対策としての対面接触の減少や省人化に寄与する事が出来るのではないかと考え、アバター警備&接客を提供する事にしたという。

今後の展開として、ハンディキャップのある人や介護等の事情により在宅せざる負えない人を、積極的に雇用していく事を目指すとしている。

関連URL

東京警備保障

関連記事

注目記事

  1. 2021-6-22

    医療相談アプリ「LEBER」、「新型コロナワクチンの副反応」に関する機能提供を開始

    リーバーは22日、医療相談アプリ「LEBER」(リーバー)に「新型コロナワクチンの副反応」を相談する…
  2. 2021-6-21

    植物工場向けの授粉・収穫ロボットを開発するHarvestX、「HarvestX Lab」設立

    植物工場向けの授粉・収穫ロボットを開発するHarvestXは21日、アントレプレナーラボ(東京大学 …
  3. 2021-6-18

    MiR、新しい台車牽引ソリューションを発売 内部輸送の自動化を促進

    自律型モバイルロボット(AMR)で世界市場をリードするモバイル・インダストリアル・ロボット(MiR)…
  4. 2021-6-16

    WHILL、慶應義塾大学病院で自動運転モビリティサービスの実証実験エリアが2階に拡張

    WHILLは16日、慶應義塾大学病院で2020年9月から進めている外来受診の患者を目的地まで自動運転…
  5. 2021-6-15

    AIポータルメディア「AIsmiley」、AI活用したサプライチェーン最適化カオスマップ公開

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る