エーアイスクエア、社内問い合わせ自動応答サービス 「AI人事総務」 提供開始

人工知能(AI)を活用した各種ITサービスとコンサルティングを提供するエーアイスクエアは20日、従業員からの問い合わせに自動応答するサービス 「AI人事総務」 の提供を開始すると発表した。

新型コロナウイルスの影響でニューノーマルな働き方が注目を集めるなか、企業の間接部門では、「書面主義、押印原則、対面主義」の見直しによるデジタル化や従業員をより付加価値の高い業務に従事させることが喫緊の課題となっている。

「AI人事総務」 は、2017年1月から提供しているAI自動応答システム「QuickQA」に人事・総務部門に特化したQ&Aテンプレート約7500セットを搭載し、担当者の導入準備負荷なく、時間・場所を問わずに利用可能なパッケージでの提供を実現した。

Q&Aテンプレートは、業種業態を問わず繰り返されるよくある質問が網羅されており、社内申請・書類発行、規程関係・ルール、施設・セキュリティ関連等のカテゴリに加え、毎年行われる年末調整関連、人事異動関連等、繁忙期に特化したQ&Aテンプレートも搭載している。

また、今回の提供開始に先駆け、既にサントリーホールディングス、大槻経営労務管理事務所をはじめとした数社に「AI人事総務」 を利用し、従業員からの定常的な問い合わせへの対応や年末調整関連の問い合わせ対応を省力化しているという。

「AI人事総務」は、最短1カ月で導入可能で、初期料金100万円、月額料金30万円で提供されるが、2020年9月までの申し込みに限りキャンペーンとして初期料金50万円、月額料金20万円として提供する。

関連URL

「AI人事総務」
エーアイスクエア

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-8-11

    Society5.0のキーワード①「RPA」「DX」「5G」

    Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…

注目記事

  1. 2020-9-29

    医療教育オペクラウドVRが東京都スタートアップ実証実験促進事業に採択

    ジョリーグッドは29日、自社で展開している医療教育プラットフォーム「オペクラウドVR」の実証事業が、…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る