イーネットソリューションズ、AI事業「Magic Insight」ブランド統合

イーネットソリューションズは20日、「Magic Insight」「Magic Insight for QRadar」「chateliers」「IBM Watsonアプリケーション開発サービス」として提供しているクラウドサービスを統合し「Magic Insight」ブランドへ変更すると発表した。

これにより、「Magic Insight」は同社AI事業全般を指し示す総称となり、各サービス名称を「Magic Insight for WEX(MIW)」「Magic Insight for QRadar(SIEM) + QRadar Advisor with Watson (MIQ)」「Magic Insight for Chatbot (MIC)」とし、「IBM Watsonアプリケーション開発サービス」においては「Magic Insight for Chatbot(MIC)」に組み入れることにした。

サービス名称は変更となるが、現在利用しているサービス内容、料金等に変更はないという。

関連URL

Magic Insight

関連記事

注目記事

  1. 2020-9-24

    AI通訳機「ポケトークS」シリーズに「機動戦士ガンダム」のEditionが登場

    ソースネクストは24日、同社のポケトーク公式サイトpocketalk.jp限定で、同社のAI通訳機「…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る