イーネットソリューションズ、AI事業「Magic Insight」ブランド統合

イーネットソリューションズは20日、「Magic Insight」「Magic Insight for QRadar」「chateliers」「IBM Watsonアプリケーション開発サービス」として提供しているクラウドサービスを統合し「Magic Insight」ブランドへ変更すると発表した。

これにより、「Magic Insight」は同社AI事業全般を指し示す総称となり、各サービス名称を「Magic Insight for WEX(MIW)」「Magic Insight for QRadar(SIEM) + QRadar Advisor with Watson (MIQ)」「Magic Insight for Chatbot (MIC)」とし、「IBM Watsonアプリケーション開発サービス」においては「Magic Insight for Chatbot(MIC)」に組み入れることにした。

サービス名称は変更となるが、現在利用しているサービス内容、料金等に変更はないという。

関連URL

Magic Insight

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  2. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  3. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  4. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  5. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る