Kenneth Research、グローバル人工知能(AI)画像認識市場のトレンド予測

Kenneth Researchは24日、2020~2026年までの予測期間の詳細な分析と業界の洞察で構成されるグローバル人工知能(AI)画像認識市場に関するレポートを発刊した。

市場価値の分析と予測期間中のCAGRの計算に基づいて、市場の最新の動向とビジネスチャンスがレポートで説明されている。2020年から2026年の予測期間中に大幅なCAGRを登録すると予測される。

グローバル人工知能(AI)画像認識市場は提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、関数別(顔認識、手と指紋のスキャン、目の認識、その他の生体認証、オブジェクトの識別)、業種別 (自動車、BFSI、健康管理、セキュリティ、 小売、その他の業種)によって分割される。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれる。

マシンビジョンのコンテキストでの画像認識は、画像内のオブジェクト、場所、人物、書き込み、およびアクションを識別するソフトウェアの機能。コンピューターは、マシンビジョンテクノロジーをカメラと人工知能ソフトウェアと組み合わせて使用して、画像認識を実現できる。画像認識は、メタタグを使用した画像コンテンツのラベル付け、画像コンテンツ検索の実行、自律ロボットと自動運転車の誘導、事故回避システムなど、多数の機械ベースの視覚タスクを実行するために使用される。画像処理ソフトウェアは、自動化された方法を使用して、顔認識、指紋、手の形状、署名の検証、虹彩、網膜、指/手/手のひらの認識、耳の認識などの特性に基づいて人物を認識する。画像処理ソフトウェアは、車両の安全性、広告、セキュリティ、監視などのさまざまな分野に適用できる。

グローバルなAI画像認識市場は、2026年までに88億9820万米ドルに達し、COVID-19パンデミックの中でAI対応の画像認識技術のニーズが高まっているため、2020年から2026年にかけて年間26.9%の成長率で成長する。画像認識ソリューションはアジア太平洋地域で大幅に成長しており、特に、地域の発展途上国におけるスマートホームとスマートシティイニシアチブの登場により、セキュリティソリューションを提供している。この地域の最近の小売業界におけるeコマースセグメントの成長に伴い、市場のベンダーは主に画像認識技術に投資して、デジタルエクスペリエンスの向上を消費者に提供している。高度なテクノロジーの採用の増加、および画像処理と認識におけるAIの需要の増加により、主要企業による投資が増加すると予想される。

関連URL

レポートのサンプル

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る